このサイトについて…



 このサイトでは、軍記物の現代語訳を通して南北朝時代から室町時代の歴史を紹介しています。

 中学や高校で教わる日本史の大部分は、政権のあった場所 − 京都 − を中心とする歴史です。しかし、当然のことながら、地方でもさまざまな出来事があり、さまざまな歴史が繰り広げられてきました。

 関東出身の私が関東の室町時代の歴史を初めて知った時、まず感じたのは、「身近な場所で昔こんなことがあったのか。こんな人物が生きていたのか」という素朴な驚きでした。

 そのような驚きを他の人にも伝えたくて、このサイトをつくっています。

 このサイトには多数の現代語訳があります。現代語訳に当たっては、できるだけ原文の語彙を残して訳し、元の文の雰囲気を残すようにしています。ただし、適当に訳してしまっているところも多々あります。このサイトの現代語訳は粗筋を知るためのもの程度に考えていただいて、もっと正確に知りたい方は原典に当たってくださるようお願いします。

 それぞれのページに、史跡の写真もたくさん入れてあります。現代語訳を読む時間の無い方は、そちらだけでもどうぞ。


入り口へ戻る