天草騒動・解説

 「天草騒動」は、江戸時代に書かれた実録物で、島原の乱に取材した後世の伝奇小説の原点となるものの一つです。

 おそらく、読み始めたとたんに頭がくらくらしてくると思います。なんせ、南蛮国の大王が切支丹国の術者を使い、陰謀を巡らせて日本征服をもくろむというんですから‥‥。後半の籠城戦になると趣きはがらっと変わり、豪傑が大活躍して幕府軍を翻弄するという、典型的な軍記物の世界に変わります。軍記物といっても、山城攻めの描写は、へたな小説よりよっぽどリアルです。

 ほぼ原文に沿って現代語訳してありますが、読みやすさを第一に考え、言い回しなどは大胆に変えたところもあります。また、章立ては、読みやすいように新たに立てたものです。

 史実と違っているところが多々ありますが、大筋では実際の島原の乱の経緯をかなり良く記述してあるようです。島原の乱について詳しく解説してある、岡田章雄著「天草時貞」(吉川弘文館・人物叢書)などと読み比べてみるのも面白いかも。

 かなりの長編ですが、読破してくださる方がいたら、苦労してマックに打ち込んだ甲斐があったというものです。第一章の後半で物語が少々ダレるので、飽きてきたら第二章や第三章に飛んでみるとまた楽しめるかも。



http://homepage.mac.com/siran/