天草騒動
目次

入り口に戻る

  ハイライト1 千々輪五郎左衛門と鍋島甲斐守の一騎打ち(三十四より)
  ハイライト2 
一揆の軍師、蘆塚忠右衛門の最期(六十四より)    


第一章 切支丹宗の流布


  ○ オ−プニング・メッセージ
  一.南蛮国の陰謀
  二.破天連、日本に渡る
  三.織田信長公異人を安土に召す事、ならびに珍物献貢の事
  四.南蛮寺を建立し仏法を弘める事、ならびに破天連の医術の事
  五.島左近難病をわずらう事、ならびに南蛮寺貧民を救う事
  六.島左近南蛮寺に参詣の事、ならびに大名あまた切支丹宗に傾く事
  七.三人の者へ邪法伝授の事、ならびに高山右近味方となる事
  八.ヒヤン中村修理にちなみを結ばんと謀る事、ならびに老母白翁を招く事
  九.白翁ヒヤン問答、白翁邪宗門を発見する事、ならびにヒヤン京都へ逃げ帰る事
  十.太閤殿下御評議の事、ならびに南蛮寺破却の事
 十一.市橋島田両人の奇術を上覧の事、ならびに両人御仕置の事
 十二.切支丹宗門きびしく御制禁の事
 十三.千寿院、京都にて召し捕られる事
 十四.板倉伊賀守殿の賢明なる成敗の事、並びに七月棚経始まる事


第二章 動乱の勃発

  十五.天草島浪人森宗意軒の事、ならびに由比正雪に妖術を授ける事
  十六.天草島諸浪人の由来の事、ならびに赤星十七回忌弔いの事
  十七.天草玄察表具を仕立てる事、ならびに治兵衛の所持する本尊の事
  十八.六人の浪士諸事を司る事、並びに富岡の士不覚の事
  十九.浪士のともがらを大将に頼む事、ならびに三宅原田不和の事
 二十. 天草四郎不思議をあらわす事、ならびに四郎を総大将に立てる事
 二十一.森布津村の者ども唐津勢を欺く事、ならびに深木七郎右衛門深慮の事
 二十二.蘆塚知謀をもって唐津勢を破る事、ならびに布津村、深木と戦う事
 二十三.三宅藤右衛門後詰めの働きの事、ならびに深木七郎右衛門討死の事
 二十四.渡邊小左衛門同意の事、ならびに妻女利発の事
 二十五.渡邊小左衛門召し捕らえられる事、ならびに蘆塚佐志木を引き込む事
 二十六.深江村一揆に味方する事、ならびに葭田三平謀計の事
 二十七.松倉勢出馬の事、並びに一揆の者ども兵糧武具を奪う事
 二十八.一揆の者、原村に集合の事、並びに蘆塚忠右衛門の巧みな軍配の事


第三章 籠城

 二十九.原の古城を修復し要害を構える事、ならびに諸方より江戸表へ注進の事
 三十. 将軍家大評定の事、ならびに板倉内膳正殿島原一揆討手を命じられる事
 三十一.鍋島甲斐守殿の乳母の願いの事、ならびに寄せ手の諸将攻め寄せる事
 三十二.島原城最初の合戦の事、ならびに赤星内膳功名の事
 三十三.有馬、寺澤、松倉の三家の勢敗北の事、ならびに鍋島甲斐守殿一騎駆けの事
 三十四.鍋島甲斐守殿と千々輪五郎左衛門の戦いの事
 三十五.江戸表へ注進の事、ならびに原の城夜戦の事
 三十六.鍋島甲斐守殿勇功の事
 三十七.有馬勢再び敗軍の事、ならびに原の城大合戦の事


第四章 籠城戦

 三十八.原城中怪異の事、ならびに大将四郎大夫蛇蝎退治の事
 三十九.松平伊豆守殿島原表に下向の事
 四十. 板倉内膳正殿御立腹の事、ならびに正月元日城攻め駒木根八兵衛棒火矢を射る事
 四十一.葭田三平討死の事、ならびに鍋島甲州侯武勇の事
 四十二.板倉殿討死の事、ならびに鍋島立花両家の勢の事
 四十三.松平伊豆守殿戸田左門殿島原着陣の事、ならびに渡邊四郎大夫の父母を糾明の事
 四十四.寄せ手の諸将会合の事、ならびに松平伊豆守釣井楼の事
 四十五.山田右衛門孝心の事、ならびに毛利平左衛門矢文を拾う事
 四十六.正月十一日夜討ち仕損じの事
 四十七.蘆塚夜討ち謀略の事、ならびに一揆の徒奮戦の事
 四十八.一揆の兵ども腰兵糧を落とす事
 四十九.大矢野、千々輪の働きの事、ならびに立花飛騨守功名の事
 五十. 原城中困窮の事、ならびに北条安房守殿下向の事


第五章 落城

 五十一.北条安房守殿軍配の事、ならびに鍋島甲斐守殿の働きの事
 五十二.黒田家の先鋒の戦いの事
 五十三.細川家総攻撃の事、ならびに長岡監物父子の働きの事
 五十四.千々輪五郎左衛門力量の事
 五十五.黒田家惣曲輪一番乗りの事、ならびに蘆塚忠右衛門意見の事
 五十六.森宗意軒最期の事
 五十七.仁木勘解由、智弁の事
 五十八.鍋島甲斐守殿、二の城戸(きど)一番乗りの事
 五十九.千々輪五郎左衛門討死の事、ならびに荒神ヶ洞に隠兵の事
 六十. 原の城二の丸を攻め落とす事、ならびに細川黒田両家の軍勢の戦いの事
 六十一.北條安房守殿軍配の事、ならびに原の城手詰めの戦働きの事
 六十二.細川家手楯の事、ならびに安房守殿軍配の事
 六十三.長岡帯刀、大矢野作左衛門を討ち取る事
 六十四.蘆塚忠右衛門討死の事
 六十五.渡邊四郎大夫最期の事
 六十六.山田右衛門助命の事
 六十七.諸将御軍令によって糺明の事
 六十八.大団円の事

入り口に戻る