第一章 切支丹宗の流布


  ○ オ−プニング・メッセージ
  一.南蛮国の陰謀
  二.破天連、日本に渡る
  三.織田信長公異人を安土に召す事、ならびに珍物献貢の事
  四.南蛮寺を建立し仏法を弘める事、ならびに破天連の医術の事
  五.島左近難病をわずらう事、ならびに南蛮寺貧民を救う事
  六.島左近南蛮寺に参詣の事、ならびに大名あまた切支丹宗に傾く事
  七.三人の者へ邪法伝授の事、ならびに高山右近味方となる事
  八.ヒヤン中村修理にちなみを結ばんと謀る事、ならびに老母白翁を招く事
  九.白翁ヒヤン問答、白翁邪宗門を発見する事、ならびにヒヤン京都へ逃げ帰る事
  十.太閤殿下御評議の事、ならびに南蛮寺破却の事
 十一.市橋島田両人の奇術を上覧の事、ならびに両人御仕置の事
 十二.切支丹宗門きびしく御制禁の事
 十三.千寿院、京都にて召し捕られる事
 十四.板倉伊賀守殿の賢明なる成敗の事、並びに七月棚経始まる事


http://homepage.mac.com/siran/index.html