第二章 動乱の勃発

  十五.天草島浪人森宗意軒の事、ならびに由比正雪に妖術を授ける事
  十六.天草島諸浪人の由来の事、ならびに赤星十七回忌弔いの事
  十七.天草玄察表具を仕立てる事、ならびに治兵衛の所持する本尊の事
  十八.六人の浪士諸事を司る事、並びに富岡の士不覚の事
  十九.浪士のともがらを大将に頼む事、ならびに三宅原田不和の事
 二十. 天草四郎不思議をあらわす事、ならびに四郎を総大将に立てる事
 二十一.森布津村の者ども唐津勢を欺く事、ならびに深木七郎右衛門深慮の事
 二十二.蘆塚知謀をもって唐津勢を破る事、ならびに布津村、深木と戦う事
 二十三.三宅藤右衛門後詰めの働きの事、ならびに深木七郎右衛門討死の事
 二十四.渡邊小左衛門同意の事、ならびに妻女利発の事
 二十五.渡邊小左衛門召し捕らえられる事、ならびに蘆塚佐志木を引き込む事
 二十六.深江村一揆に味方する事、ならびに葭田三平謀計の事
 二十七.松倉勢出馬の事、並びに一揆の者ども兵糧武具を奪う事
 二十八.一揆の者、原村に集合の事、並びに蘆塚忠右衛門の巧みな軍配の事


http://homepage.mac.com/siran/index.html