時は十六世紀後半、日本国の南西、海上一万千百里余りを隔てたところに、南蛮国という国があった。