八.ヒヤン中村修理にちなみを結ばんと謀る事、ならびに老母白翁を招く事


 「おのれを利せんと欲する時は、まずこれを人に与う」というように、その後、南蛮寺から時々絹布の反物や菓子などを老母に贈ってよこした。老母はさまざまに辞退したが、いつも無理に置いて帰るのであった。

 老母は迷惑ながらそのまま受け納めておいたところ、二十日あまり過ぎてから、先の僧侶が泉州からの帰りだと言って、また一泊を頼んできた。

 老母は僧侶を迎え入れて、「その後、たびたび御使いを差し向けていただき、いろいろな品をお恵みくださってかたじけのうございます。」とお礼を述べてもてなした。

 ヒヤンはよもやま話のついでに、「あなたは何宗か知らないけれども、他宗では成仏はできません。愚僧の宗旨は即身即仏の証拠が明らかで、近頃では歴々の大名、小西行長、高山右近、島左近らをはじめ、武士の間にも大勢の信者がいます。百姓や町人で帰依する者はおびただしい数に上ります。不思議なご縁で御懇意になったのも天帝の引き合わせでしょうから、改宗しなさい。」と、弁舌をもって勧めた。

 老母は、「お勧めはかたじけなく思いますが、私は若い頃から念仏門に入り、六十余になってから今さら改宗するのは、先祖に対する恐れもありますから、その件はお許しください。」と、言った。

 ヒヤンは、「私は真実を以て勧めているのです。他宗はみな畜生道に堕ちるので、それがあまりに痛ましくてこう申しているのです。」と、さまざまに述べたてて引き入れようとしたが、老母は一途に念仏をありがたく思い込んでいたためなかなか納得しなかった。

 ヒヤンはどうにかして引き入れようと思って、「それでは、御老母が信仰している出家がいるでしょう。その念仏のどこがありがたいのかお聞かせください」と言った。

 老母が、

「念仏を唱えたからといって、別に不思議なことが起こるわけではありません。ただ、先祖代々の宗旨で往生安楽と聞いているから、明日をも知れぬ老いの身でいまさら念仏を棄てて他宗に改宗するのは恐れ多いのです。」と答えると、ヒヤンは、

「それは御了見違い。徳も不思議も無い念仏宗より、世の中は徳をもって尊しとします。わが宗門の不思議をお目にかけましょう。」と言って、供の僧に持たせた錦の袋に入れた鏡を出し、呪文を唱えて、

「かたじけなくもこの鏡は天帝の尊像にして、衆生を助けることを主とし、極悪人でも宗門に帰依する者はたちまち天に生まれ変わることができる。その功徳は広大無辺である。これは他宗の及ぶところではない。難病を治し、貧民を救うため、この宗門に入る者が雲霞のごとく集まっている。他宗はその罪が深く、前世の業因、未来畜生道の苦しみを免れ得ない。わが本尊はこれを憐れみ、その証拠を現わし、諸人を助けようと三世鏡をつくりたもうた。つつしんで拝み、未来の姿を見てわが宗門のありがたさを知りなさい。」と、うやうやしくその鏡を差し出した。

 老母が自分の姿を鏡にうつしたところ、馬の顔がありありと現れた。

 老母がひどく驚いたのを見て、ヒヤンは鏡をしまい、「御覧になったとおり、このように現世の徳、不可思議をあらわす上は、わが宗門を信じて畜生道の苦しみからのがれなさい。」と勧めた。

 その時は修理も在宅で、このことを聞いて出てきてヒヤンに対面し、鏡を見ておおいに驚き、信じ込んでしまった。そして、「このような不思議の明徳が有るのなら、小西殿や高山殿がこの宗門に入ったのも道理です。早く改宗なさるべきです。」と老母に言った。

 ヒヤンも喜んで、「わが宗門は、婦人や子供でも入りやすいのです。経文を習う必要は無く、ただ一言の句を唱えて信心しさえすれば、たちまち天生の果を得ること疑いありません。」と言った。

 老母は黙然としていたが、しばらくして言うには、

「修理よ。眼前に不可思議が起こったのだからきっとありがたい教えなのでしょう。でもそうは言ってもこれまでの宗旨に間違いがあるわけでもありません。天子将軍から万民に至るまで数百年の法を保って来たのだから、いま目前にその功徳が見えなくてもどうして尊くないといえるでしょうか。何にせよ一つの宗派が広まるときは不思議なことが起こるのは珍しくありません。弘法大師、親鸞上人、日蓮上人、いずれも不思議を起こしてそれぞれに法門を立てられたのです。先祖代々念仏門に入っているのにいまさら不思議を見たからといって改宗の必要はありません。亡き父への不孝このうえない。改宗するなどと決して言うではない。」と、一向に勧めには従わず、返ってわが子を諌めた。

 ヒヤンは立腹し、「本当に片意地な御老母だ。年若い御子息でさえ信仰しようと言うのに、御老母が畜生道を好むのは気の毒千万だ。どこかの売僧(まいす)めが勧めたためこのように頑固になったのであろう。その坊主め、ここに来い。法問してただちに説き伏せ、わが宗のありがたさを見せてくれよう。」と、ののしった。

 しかし、老母は一向に取り合わなかった。

 修理は心を動かして、「それでは母上、近いうちにわが宗の僧を呼んで、その時においでいただきましょう」と、言った。

 ヒヤンはうなずいて、「とかく女は愚かだから、疑うのももっともだ。いつでも問答しよう。その僧もわが宗に靡かせてくれよう」と広言を吐いて帰って行った。

 あとに残って、修理が母に向かって、「ぜひ法問をさせたく思います」と言ったところ、母は、

「その方の迷いももっともです。今、南蛮寺の僧があのような不思議を現したことゆえ、ちょっとやそっとの者を出してもなかなか屈伏させることはできないでしょう。世の中に僧はいくらでもいるけれど、ヒヤンがさまざまな難問を持ちかけて、もしも返答に窮して出家が負かされたりしたら宗門の恥です。もしも世俗の人で諸経に通じた学者がいたら、その人に頼んで法問をさせたいと思います。それなら、たとえ法問に負けても出家ではないから恥とはなりません。そのような人を探しておくれ。」と、言った。

 そこで修理が洛中洛外を探したところ、その頃四条柳の馬場に住んでいた老学者で、碩学多才の評判が高い白翁居士という人物を見つけ出した。

 この人は叡山に登って惟摩居士(ゆいまこじ)に学んでいたが、癲癇が持病で、この折りもその病のため下山していたのを、修理が今度のわけを話して頼んだところ、白翁も南蛮寺の噂を聞いて心得難くおもっていたので、法問を行うのを引き受けた。

 そこで南蛮寺に使いを立てて、例のヒヤンを招いた。

 修理は大工の棟梁で、弟子がたくさんいたため、このことを聞いておびただしい人々が集まった。

 頃は天正十三年九月一日、ヒヤンは供の者を大勢召し連れて、装束は下に緋縮緬、上は高麗の織物、鼠色の衣に錦の袈裟、紗の頭巾をかぶってゆうゆうと席についた。

 修理が一礼して、「過日お話に出た念仏者を呼び寄せました。それでお招き申し上げたところ、さっそくの御入来かたじけのうございます。」と慇懃に言上すると、ヒヤンは黙って重々しくうなずいた。

 白翁を引き合わせて互いの挨拶が済み、料理も丁寧に供応した。

 ヒヤンは、白翁を俗人と見て侮り、一言で言い伏せてやろうと、冷笑して座っていた。

次へ


目次に戻る
入り口に戻る