三十六.鍋島甲斐守殿勇功の事

 出丸の方面では鍋島甲斐守直澄殿が、水色縅の鎧と紅の母衣をつけ、槍を引っ提げて例の荒馬を躍らせ、先頭に立って出丸の突端から進んだ。これを見て、信濃守殿の兵士も続いて馳せ登った。

 甲斐守殿の守役の鍋島三左衛門は前もって玉火を用意し、その玉に火を点して出丸への道筋に当たる芝原に投げたので、枯芝や枯木に燃え移ってさかんに炎を上げ、たちまち中天を光り輝かした。

 各方面の軍勢はこれを見て、すでに出丸に乗り込んだようだぞ、負けじ劣らじと、一斉にどっと鬨の声をあげ、縦六七町の広い芝原を蟻が群がり集まるようにひしひしと攻め登ろうとした。

 ちょうどその時、空が急に暗くなり車軸を流すように雨が激しく降ってきたので、芝原はずるずると滑って立ち止まっていることもできない状態になってしまった。

 鍋島殿の軍勢以外には火の気もなく、ただ暗闇の中を押し登っていったので、一人が滑ると数十人が将棋倒しに倒れ、上を下へと騒ぐばかりだった。

 その状況を見すまして城内から弩弓(いしゆみ)を一斉に切って放したので、あたりに雷鳴のような音が轟いた。寄せ手の大軍は岩石に触れて巻き込まれて落ちて行ったり、滑って転んで谷に落ちていく者もあった。ほうほうの体に打ちのめされて一人も前進できず、夜も更けてすでに戌の刻(午後八時頃)になっても、寄せ手が討たれるばかりで何も成果を上げられなかった。この弩弓という物は楠正成が発明したものであるという。

 このような戦況を見て板倉殿が、「城の守りは厳重だ。夜討ちはうまくいきそうにない。全員引き上げ、戦いは明日にしよう」と、使番に各方面に触れ回らせた。寄せ手は攻めあぐんでいたところだったので、これはよかったと、全員各々の陣に引き返した。

 ところが出丸口の鍋島甲斐守殿はますます進んで、采配を打ち振りながら「かかれ、登れ」と下知したので、家臣たちは我先にと駆け登った。

 この時、城の玉火が枯草に燃え移って一面に広がり、出丸の口に火の手がかかったので、一揆の将の柄本左京と佐志木左次右衛門が下知して消火に取りかかった。

 ちょうどその時、甲斐守殿の軍勢がだんだんと馳せ集まって来て、大筒小筒を撃って攻めたので、一揆どもはおおいに打ちすくめられて退きそうになった。

 そこに、本丸に続く平地の間の木戸を押し開いて、蘆塚忠右衛門父子と駒木根八兵衛が、軍勢千五百人余りと鉄砲百挺をしたがえてまっしぐらに討って出て、火の手にはかまわず出丸にそって鉄砲を撃ちかけたので、鍋島家の兵はたまらず地に伏せてそれをしのいだ。

 甲斐守殿は、「すでに味方の軍勢は引き上げてしまい、攻めているのは我々だけになってしまった。こうなっては、一槍でもつけなければ引き下がるわけにいかない」と下知して、勇気凛々として松山をめがけて登って行った。

 守役の三左衛門は甲斐守殿の馬の轡(くつわ)にすがりついて、「このように鉄砲を烈しく撃ちかけてきていますからひとまずお控えください」と引き止めたが、甲斐守殿は、「天命の矢は退いたとてのがれることができないものだ。木曾義仲が粟津が原で流れ矢に当たったのを知らないのか。もしも死ぬ運命なら敵に向かって死んだ方がよい」と言って進むのをやめない。まことに勇猛な若大将であった。

 このように何度もの戦いで常に一人先頭に立って危険を省みずに敵中を駆けめぐり、また、将士に下知して堅きを破り嶮を侵し、たとえどんな強敵に向かっても一歩も退いたことがなく、そのうえ一揆方で英雄の名を得た千々輪や蘆塚のような剛の者と雌雄を争い、危機に陥ってもついには打ち伏せたり追い立てたりして勝利を得るなど枚挙にいとまがない。朝は雨に濡れ夕方には風に吹かれ、難戦苦戦してたびたび勲功をあらわされたのは、ひとえに乳母が一命を捨てて自分の身を生け贄とし、産在神の瀧尾大明神に祈願した一念が天に通じたのだろうか、神が降臨されて甲斐守を守護されたのか。

 その時、城方の蘆塚忠右衛門が、「どこの寄せ手も退いたのにここだけ踏みとどまっているのは、先日千々輪と戦った鍋島甲斐守の勢であろう。これこそ一番の敵」と、兜を脱ぎ捨てて鉢巻きをし、洗い革(あらいがわ)の鎧を着て、屈強な一揆の者に下知して槍先を揃えて突っ込んだ。

 鍋島勢三千人余りが主人の馬前に馳せ集まり、必死になって戦った。時は霜月二十一日の戌の刻、今は玉火も消えて暗闇なので黒白の区別もつかず、寒風が烈しく吹いていた。

 鍋島勢にとっては不案内な山道であったが、一揆にとってはよく知った道なので、蘆塚の下知にしたがって一揆の者らがどっと突きかかると、鍋島勢は思わず追い立てられて敗走した。

 その中で甲斐守殿ただ一騎は少しも怯まず、馬を縦横に乗り回して戦われた。この馬は鬼鹿毛とも呼ばれる荒馬であった。このような悪路の坂道を駆けめぐって一揆どもを蹴散らし跳ね倒し暴れまわって働いたのは、まことに不思議な名馬であった。

 一揆が甲斐守殿の馬に跳ね飛ばされて将棋倒しになったので、大将の蘆塚忠右衛門はこれを見て、「何と勇ましい若大将か。いざ生け捕りにしてくれる」と、槍を一揆の者に持たせて腕を大きく広げ、駆け寄って大将と組み打ちして勝負を決しようと進み寄った。

 すかさず甲斐守殿が馬の足で跳ね倒そうとしたが、蘆塚は大力無比だったので馬の足をつかんではずし、飛び違いざまに甲斐守殿の鎧の袖に取り付いたが、宵の時雨が寒風で凍っていたため、滑って手が離れてしまった。

 甲斐守殿が太刀を抜かれたので、蘆塚もすかさず太刀を抜いて応じたが、双方手練の早業でなかなか勝負がつかなかった。

 そのうち宵の頃は燃え上がっていた玉火や枯芝の火も消えて真っ暗になり、戦いながら知らないうちに麓の方へ下って行ってしまった。

 蘆塚は突然そのことに気付き、「しまった。敵におびきだされたか。味方は一人も付いてきていない。失敗した」と、そのまま引き返してたちまち出丸の松山に駆け入った。甲斐守殿はそれを見て、深追いせずに陣所に引き上げた。

次へ


目次に戻る
入り口に戻る