六十六.山田右衛門助命の事

 落城後、諸大名衆は高久の城に入って戦功の評議をされた。

 まず、生け捕った者に首級を見せて、頭分の者の首級を選び出させたところ、蘆塚忠右衛門だけは谷底に飛び込んだため首級はなかった。

 また、巨魁の四郎大夫の首級は、どれかわからなかったが、これが第一の首謀者だったので、必ず見つけ出して獄門にかけなければならないとの事になり、翌二十九日になってから総角(あげまき)前髪立ちの首を選び出したところ、およそ二三百級も出てきた。

 そこで、これらを白洲に並べて生け捕りの者に見せたところ、女子供の中には四郎を見たことのある者がいなかったため、四郎大夫の母を呼び出して、伊豆守殿が、「そのほうの伜の四郎大夫の首がこの中にあるか探し出せ」と仰せになった。

 老母は並べられた首を一つひとつ見て、「この中には四郎の首はございません」と申し上げた。人々は、「さては乱戦だったため谷底に落ちたのかもしれない」と、これらの首を片付けさせようとした。

 その時、松平伊豆守殿が、十番目の首を洗って見よと仰せになったので、下役人がその首を持って行って洗ったところ、血が染み付いて落ちなかった。

 そこで北条殿が指図して、「湯の中に荏の油を少し入れて洗えばよく落ちるものだ」と仰せになったが、下役人が、「陣内に荏の油がございません」と言うので、安房守殿は、「桐油提灯の類を沸騰した湯の中に入れて、煮出して使え」と仰せになった。

 そのとおりにして洗ったところ、血はことごとく落ちたので、人々は北条殿が万事に通じていることに感心した。

 さて、洗った首の髪を掻き上げ、台に載せて母の前に置き、

「この首は四郎の首か」とお尋ねになったところ、母は伊豆守殿をじっと見て、

「このように御丁寧にお取り扱い下さいましたのは、まことにかたじけない思し召しでございます。おっしゃるとおり、この首はわが子の四郎の首でございます。何と変わり果ててしまったことか」と、眼を瞬かせていたが、何を思ったのか顔を上げて、

「たとえ賊徒と呼ばれようと、何万人という中で大将と仰がれたのは本懐でございます」と申し上げた。

 北条殿が伊豆守殿に向かわれて、「伊豆殿は、四郎の顔を知ってらっしゃったのですか」と御尋ねになったところ、「いいえ、大勢の一揆どもを、それがしがどうして知っていましょうか。しかし、たった今、彼の母が首を見終わった後、再び見返して目を留めたのがこの首でした。親子の愛情が自然と眼に現れました。とかく人々は選び出す首にばかり目を付けるものですが、それがしは母の顔色に気を付けていたのです。同じ目でも、見るところが人とは違っていたのです」とお答えになった。

 北条殿はそれを聞いて、「さすがは伊豆殿、よくそのことにお気付きになられた。もしもこのまま誰も気付かなかったら、それがしが指摘しようと思っていたのです」と言われた。

 その場に居合せた者は、皆、「伊豆守殿といい、北条殿といい、あっぱれ、目の付けどころが違う」と感心し合った。

 さて、四郎の親の渡邊小左衛門は、自分の子だったため、その罪科を逃れ難く、長崎に引き渡されて結局磔にかけられた。小左衛門の妻、伯父甚兵衛の妻子、ならびに頭分の妻子十二人は、原城の麓の有馬の浦で磔にされ、宮崎、対馬をはじめとする生け捕りの者三十人余りは、原の城下の小浜の浦で首をさらされた。諸方で討ち取った首は、残らずもとどりのところで竹に縛り付け、串柿のようにしてかけ並べ、四郎をはじめとする頭分の首級は獄門台に据えた。

 また、落城当日に生け捕りになった女子供二千人余りと、それ以前にあちこちで生け捕りになった者、合わせて三千人余りは、全員を処刑するのも不憫であったので、宗門を改めれば助命することになった。

 御仕置き場に広く垣を結い廻し、その中に穴を掘って切支丹の本尊の像を置き、「これを踏んだ者は助けるが、踏まない者は切り殺す」と言い渡したところ、三千人の女子供の中には一人もその像を踏む者がなく、悲惨なことに全員ことごとく斬られてしまった。

 その中で、盲人が一人だけこの像を踏んだが、その後、「善主(ぜんす)ぱりぱり」と唱えて像を戴いたため、この者もやがて成敗された。

 ここに至って、この一党に加わった者の中で、助かった者は一人もなくなった。

 また、生け捕りの中に、首枷足枷をかけられていた者が一人いた。

 重罪を犯した者と思われたため、どのような罪を犯したのか吟味されたところ、

「山田右衛門と申す者でございます。同国蓮池に老母を一人隠して籠城致しましたが、母の命を助けるために先頃寄せ手に内応致しました。ところがそれが露見に及び、このように厳重に縛られておりました。落城の時、斬って捨てよと獄屋から引き出されましたところ、事態が切迫したためそのまま捨て置かれ、生け捕りになったのでございます。」と申し立てた。

 「さてはそういうことであったか」と、老母や妻子と共に助命され、後に江戸表に召し出されて、一揆の次第、籠城の始末を尋ねられて委細を言上した。その後、西国筋の切支丹宗の目明かしに任命されて、上津村の畑や屋敷を残らず元通りに下し渡された。

 四万人余りの中で、一命を助かっただけでなく、公儀のお誉めににあずかって再び家を富ませることができたのは、まことに冥加にかなった事である。

 この右衛門は正直な性格で、しかも才覚があったため、耶蘇宗を信仰せず、その上、自分を犠牲にしても老母を助けたいという孝心を天が憐れまれ、神明仏陀の加護があってこのような果報にあったのであろう。まことに有難いことであった。これは、人の大道である孝の徳によるものというほかない。

次へ


目次に戻る
入り口に戻る