ハイライトシーン・その1
◆ 千々輪五郎左衛門と鍋島甲斐守の一騎打ち ◆

 千々輪五郎左衛門は、黒糸縅(くろいとおどし)の鎧に黒毛の兜を着け、大身の槍を引っ提げて、出丸の虎口から馬を乗り出した。そのありさまは、三国志で名高い呂布や馬超にも劣らないほど勇ましく見えた。

 その時、甲斐守殿が馬を駆け寄せ、大音声で、「龍造寺和泉守隆景の五代の孫、鍋島甲斐守直澄なり。一揆め、前非を悔いて降参すれば、許してつかわそう」と呼ばわった。

 千々輪はこれを聞いて、「けなげな若大将。わしが引導を渡してくれる」と、馬を躍らせて平場に乗り出し、槍をぶんぶんと振り回しながら甲斐守殿が登って来るのを待ちうけた。

 甲斐守殿はおおいに怒り、「そこのおまえ、馬にまたがって槍を使うとは何事だ。日ごろ手に馴れた鋤や鍬と間違えたか」と、罵った。

 千々輪はそれを聞いて、「これは大将に似合わぬ罵りよう。今さら名乗るもおこがましいが、尾形三郎惟茂の嫡流、肥後の国に数代にわたって住み、父は加藤肥後守清正に仕えて朝鮮以来武勇の者と呼ばれたが、主家の滅亡で浪人となった千々輪五郎左衛門。時至らず、今は一揆の頭五人の内の一人だが、武術に身分の上下はあるまい。賎しめるなかれ」と、山の中腹の平場で、縦横に乗り違いながら戦いを始めた。

 千々輪は大坪流の馬術の達人で、甲斐守殿もそれに劣らぬ達人だったので、互いに秘術をつくして上段下段と突き合った。そのありさまを敵も味方も固唾を呑んで見守った。まことに天晴れな一騎打ちの勝負であった。(後略)

第3章三十四.鍋島甲斐守殿と千々輪五郎左衛門の戦いの事」より


http://homepage.mac.com/siran/index.html