梅松論12

− 船上山 −


 そうこうするうちに、御座船は伯耆国奈和庄野津郷というところにお着きになった。

 御船を操っていた男が、

「ここに、奈和又太郎という裕福な仁がおります。この人と一緒に討死してもよいと考えている親類は、百人、二百人もいるでしょう。この人に頼んでごらんになってください。」と、申し上げた。

名和神社 そこで、「汝が道案内せよ」と仰せになって、その者を先に立てて、千種忠顕朝臣を勅使として遣わされて、ひたすら頼み思し召している趣を伝えた。この奈和又太郎というのは、後の伯耆守長年(名和長年)のことである。

 勅使が長年の門外でこの旨を仰せになったので、宿所に入れ奉った。

 写真は、名和神社(鳥取県西伯郡名和町)。元は地元民が名和長年の居館跡に小祠を建てて「氏殿権現」と呼んでいたが、延宝年間(1673 - 1681)に因幡伯耆の藩主の池田光仲が新たに社殿を建てて拡張した。

 長年が、「君はいずこにおわしたまう」と言ったので、「いまだ御船におわす」と返答すると、長年は、「しばらくお待ちください」と言って内に入り、馬に鞍を置いて引き出して忠顕朝臣を乗せ奉り、自分は鎧を着て、兄弟、子供五十人余りを従えて、歩行(かち)で御迎えに参上した。

 自分の家を皇居にし奉るべきではあるが、要害の地ではないのでそれには向かないと、家に火を懸けて焼き払い、当国の船上山という険阻な山へ御馬でお連れ申し上げた。柴などを折り敷いて餉飯(そうはん)を御膳部に備えた。

船上山船上神社 その間に、人々は着ているものを引き裂いて縄をつくり、御輿に乗せて舁(か)き奉って、山の頂上に仮御所を作って皇居とした。

 写真左は、船上山。大山(だいせん)の北に連なる山で、中世には山岳仏教の霊山であった。山頂部は、三方を高さ 60m から 100m の断崖で囲まれており、天然の要害となっている。写真右は、船上山の山頂にある船上神社。中世には、ここには智積寺という寺があり、後醍醐天皇はその本堂を行在所とした。

 夜が明けるとともに錦の御旗を上げたので、近くの国人らが馳せ参じた。

 翌日、佐々木隠岐守清高が、三百騎余りで山の麓に押し寄せた。長年の親類が身命を捨てて終日戦ったので、寄せ手の軍勢は大勢が討ち取られ、多数が傷を負って引き退いた。

 そうするうちに、出雲、伯耆両国の者は一人残らず君の味方に参上してしまったため、清高は力尽き果てて出雲国に帰り、そこで船に乗って、若狭、越前を目指して落ちて行った。

 この風聞が各地に伝わったので、山陽山陰十六か国の軍兵が、ことごとく君の味方として参上した。

 これは、天が与え奉ったものと思われた。伝え聞くところによれば、越王勾踐(こうせん)が戦いに敗れて呉王のために囲まれたが、智臣范蠡(はんれい)がはかりごとをめぐらして囲みを破り、会稽山で戦って呉王を滅ぼしたという。これは、ひとえに范蠡の知謀によるものである。「会稽の恥をそそぐ」とは、このことから言い習わされたものである。呉王夫差が滅んだのは、伍子胥といって、賢才で文武を兼ね備えた忠臣のはかりごとを用いなかったためである。

 ところが、君がこのたび隠岐国を出られたのは、知謀の臣のはかりごとによるものではない。ただ天の与え奉ったものであった。



戻る

次へ

インデックスへ戻る