梅松論13

− 足利高氏の上洛 −


 去年の春の遷幸の時、天下の貴賎は、関東の重恩にあずかっている者でさえ、君の御遠行を見て、心ある人はもちろんのこと心ない山男賎女(やまのおしずのめ)にいたるまで麻の袖を涙で濡らして悲しんだ。なんとかして宝祚が安寧であるようにと、人々は祈念し奉った。

 そうしたところに、播磨国の赤松入道円心(赤松則村)以下、畿内近国の軍勢が残らず君の味方に参上した。ただごととは思えなかった。

六波羅門 蜂起した勢は還幸を待ち受け奉って、元弘三年(1333)三月十二日、二手に分かれて鳥羽と竹田から洛中に攻め入った。しかし、六波羅の軍勢が馳せ向かい、合戦の末に追い返した。

 写真は、東福寺の六波羅門。もと六波羅探題にあったものを移築したと伝えられている。六波羅探題は承久の変後に京都六波羅の地に設置された鎌倉幕府の出先機関で、公家政権の守護と監視、洛中の治安維持、西国の軍事・裁判・検断などの沙汰を行った。

 これを知らせる京都からの早馬が関東へ馳せ下ったので、当将軍(今の将軍)の尊氏が再び討手として御上洛された。御入洛は、同四月下旬であった。

 元弘元年(1331)にも笠置城退治の一方の大将として御発向されたことがあったが、このたびは当将軍の父、浄妙寺殿(足利貞氏)が御逝去されてから一両月もたっていなかった。いまだに御仏事の沙汰も終えておらず、御悲涙にたえかねていらっしゃった時に、大将として都に御進発せよと高時禅門が言ったため、仕方なく御上洛されたのである。

 大将に選ばれたのは仕方ないとはいえ、このたびの関東の沙汰はあまりのことであった。これによって、深くお恨みになったと聞いている。

 もう一方の大将は、名越尾張守高家。これは、承久に北陸道の大将軍となった式部丞朝時の後胤である。

 両大将が同時に上洛されて、四月二十七日、同時に都を出られた。

 将軍(高氏)は山陰、丹波、丹後を経て伯耆に御発向され、高家は山陽道、播磨、備前を経て、同じく伯耆に向かうことになった。

 船上山をお攻めになることが決まって下向したはずだったのに、久我縄手での手合わせの合戦で大将名越尾張守高家が討たれてしまい、高家の軍勢は合戦に及ばず、ことごとく都に帰って来た。



戻る

次へ

インデックスへ戻る