梅松論14

− 六波羅攻め −


 同日、将軍(足利高氏)は、御領所の丹波国篠村に御陣を召された。

 そもそも将軍は関東誅伐のことを代々御心の底に持っていたうえ、細川阿波守和氏、上杉伊豆守重能が前もってひそかに綸旨を賜り、今回の御上洛の時に近江国鏡駅で披露して、「既に勅命をこうむった上は、時節相応、天命の授けたものです。すみやかに心を決めるべきです」と再三にわたってお諌め申し上げたため、この篠村の八幡宮の御宝前で、ついに御旗をあげられることになった。

 御旗を立てられたのは、柳の大木の梢であった。春の陽の精は、東から兆し始めるものである。「柳」という字は、「卯(東)の木」である。東を司って王とする。武将もまた、卯(東)の方から進発して順に西に巡るべき相生の夏の季節に、朝敵を滅ぼしたまえるようにと、柳の木に御旗を立てられたのである。

篠村八幡宮 本殿 旗立楊(楊)

篠村八幡宮(京都府亀岡市)

篠村八幡宮本殿

旗立楊(はたたてやなぎ)


 そうしたところ、京中に充満していた軍勢どもが雲霞のごとく味方に馳せ参じた。そこで、篠村の御陣を嵯峨へ移された。近いうちに洛中へ攻め寄せるだろうという風聞が流れた。

 都では、去る三月十二日から十回余りの合戦に敗れたため、六波羅を城郭に構えて皇居とし、軍兵数万騎が立て籠もっていた。

 その頃、去年の春から楠兵衛尉正成の金剛山の城を囲んでいた関東の大軍は、一戦も功を立てることができず利を失っていたが、そこに、「将軍(足利高氏)が君に頼まれ奉って近いうちに洛中に攻め入る」と伝わったため、金剛山の寄せ手の人々は驚き騒いだ。

 関東に忠節を尽くそうとしていた在京の人や四国西国の人々は、いよいよ心を決めた様子であった。まことに哀れであった。

 そうしたところ、五月七日卯の刻(午前6時頃)、将軍の軍勢が嵯峨から内野に入って充満した。先陣は神祇官を前にして東向きに控え、六波羅勢は白河から二条大宮を隔てて西向きに控えた。

 辰の刻ごろ(午前8時頃)、両陣はたがいに駆け合わせた。鏑矢の音が響き渡り、鬨の声を上げると、互いに入り乱れて今日を最後と戦った。馬の足音や矢叫びの音が、天にも響き、地も動くほどであった。

 入れ替わりながら数回にわたって戦ったので、数知れぬ者が命を落とし、傷をこうむった。中でも、将軍の御内(みうち)の設楽五郎左衛門尉がまっさきに駆けて討死して、忠節の心を顕わしたのは哀れであった。

 未の刻ごろ(午後2時頃)、大宮の戦いに敗れて六波羅勢が退いた。

 味方の下の手は、作路竹田から攻め入った。九条辺りの数か所に陣を取ったあと、方々から洛中へ乱れ入ったので、六波羅勢は城郭に立て籠もった。家を思い、名を惜しむ勇者どもが城郭から駆け出て戦ったので、それと戦ううちに七日は暮れた。



戻る

次へ

インデックスへ戻る