梅松論15

− 六波羅の滅亡 −


 味方の人々は、「この大軍でただちに城郭を囲んでことごとく討ち取りましょう」と口々に諌め申し上げた。

 そこに、細川阿波守(和氏)が、

「このようになっては、敵は思いを決しているため、味方の損害が多くなるでしょう。一方を開けて逃げさせれば、負け戦のこと、御退治はたやすくなるに違いありません。」と、申し上げた。

 そこで、それに従って一方の囲みを開けた。

 そうしたところ、城内の者は多くが心変わりして将軍の味方に参上した。

 両六波羅の北の方は越後守仲時(北条仲時)、南の方は越後親衛時益(北条時益)であった。
(六波羅探題には南北両庁があり、六波羅北庁は今の建仁寺の西、五条松原筋付近、六波羅南庁は今の方広寺・京都国立博物館付近の領域にあった。

 両者は、

「われらが命を落とせば、一緒に帝都に屍をさらすことができて最も望むところだが、それは私の義である。ここは皇居だから、討死や自害をすれば禁裏仙洞のためによくないことになろう。まず、洛外に行幸をなし奉ってから関東の援軍を待ち、あるいは、金剛山を攻める軍勢と連絡を取って合戦いたそう。そうすれば、すぐに再び洛中に攻め入ることができよう。」と相談し、その由を奏聞申し上げた。

「よろしく武家の心に任すべし。」との勅答であった。瀬田川

 そこで、七日の夜半に六波羅を出られ、苦集滅路(くずめぢ)を経て東に赴き、勢多の橋を渡って、野路のあたりで夜が明けた。供奉していた卿相雲客は、慣れない山道の深い夏草の露を分け入られて、御袖を濡らして涙にくれた。

 写真は、瀬田川と瀬田大橋(滋賀県大津市)。

 そこに、守山のあたりから野伏(のぶし)どもが山野に馳せ散って敗軍を追い詰めたので、これに討ち取られたり傷をこうむったりする者が数知れなかった。

 その夜は、近江国観音寺を一夜の皇居とした。

 翌日五月九日、東を指して落ちて行く途中、同国番場の宿の山に、近江、美濃、伊賀、伊勢の悪党どもが先帝(後醍醐院)の味方と称して旗をあげ、楯を並べて街道を塞ぎ、攻め戦った。

 七日は洛中で合戦をし、翌八日は野伏どもに攻められて、討ち洩らされた者たちは馬も疲れて進むこともできないほどであった。それでも、名を惜しむ兵どもは戦い暮らした。

北条仲時以下432名の墓所 しかし、逃れる場所も無かったため、「恐れながら仙洞(後伏見・花園両上皇)を害し奉り、おのおの討死自害つかまつろう」と、口々に申し上げた。

 大将の仲時は、「我らが命をながらえて、君を敵に奪われるのは恥である。命を捨てたあとは、どうなろうと恥にはなるまい。」と言い、酉の刻ごろ(午後6時頃)、自害した。従っていた者数百人も、同じく命を落とした。

 写真は、蓮華寺(滋賀県坂田郡米原町)の北条仲時以下四百三十二名の墓所。

 南方の時益は、七日の夜、四の宮河原で流れ矢に当たって死去したが、その首を家の子が取ってここまで持って来ていたので、北方の仲時はこれを一目見てから自害した。

 一緒に腹を切ったこれらの者の名字を番場の道場(蓮華寺)に記し置いたので、世の知るところとなっている。


蓮華寺本堂

蓮華寺過去帳

 写真左は、蓮華寺(滋賀県坂田郡米原町)。

 写真右は、「陸波羅南北過去帳」(蓮華寺蔵)の写本の冒頭部分。北条仲時を初めとする四百三十人余りが近江国番場宿の一向堂(蓮華寺)前で討死自害したため、その菩提を弔うために蓮華寺住職の同阿上人がそれぞれの墓を建て、姓名、年齢などを書き留めた。交名の最初(写真右の左上)に、「越後守仲時 廿八歳」の名がみえる。



戻る

次へ

インデックスへ戻る