梅松論16

− 新田義貞の鎌倉攻め −


 こちらの合戦が敗れたので、先帝後醍醐院が都に入った。

 この知らせが金剛山に伝わったので、正成の城を攻めていた大軍は、囲みを解いて南都へ引き返した。その軍勢どもが進退に迷っているところに、「将軍(足利高氏)が六波羅を攻め落として京都におわし、関東を誅伐せよとの勅命をこうむられた」との御教書を下されたため、軍勢はさっそく高氏の元に馳せ参じた。

 これによって、正成の討手の大将だった阿曾弾正少弼(時治)、陸奥右馬之助(大仏高直)、長崎四郎左衛門尉が奈良で出家して降参した。そこで、ただちに禁獄した。

 将軍(足利高氏)が君に頼まれ奉られたという知らせが関東に届いたため、関東ではみな色を失っていた。

生品神社生品神社の神代木 そこに、五月中旬、上野国から新田左衛門佐義貞が、君の味方として当国世良田(せらだ)に討って出て陣を張った。これも清和天皇の御後胤陸奥守義重、陸奥新判官義康の連枝である。

 ひそかに勅をうけたまわったため、義貞一流の氏族がみな打ち立った。山名、里見、堀口、大館、岩松、桃井、みな一人当千でない者はいなかった。

 写真左は、生品神社(いくしなじんじゃ。群馬県新田郡新田町市野井)。新田義貞が鎌倉に出陣する際、ここで一族と共に戦勝祈願を行った。写真右は、義貞が大中黒(一引両。新田氏の紋)の旗を立てたと伝えられる椚(くぬぎ)の神代木。生品神社の拝殿前にあり、現在は切り株のみになっている。

 そこで、当国の守護、長崎四郎左衛門尉がただちに馳せ向かって合戦に及んだ。しかし、すでに上野の者どもは残らず義貞に属していたので、支えることができずに引き退いた。

 義貞が大軍を引率して武蔵に攻め入ったところ、当国の軍勢もことごとく義貞に従った。

分倍河原古戦場碑分倍河原古戦場碑 五月十四日、高時の弟、左近将監入道恵性(北条泰家)を大将として、幕府勢が武蔵国に発向した。

 同日、山口の庄の山野に陣を取り、翌日十五日、軍勢を分けて、関戸河原で終日戦った。命を落とし、傷をこうむる者は数知れなかった。中でも、親衛禅門(恵性。北条泰家)の配下の者であった安保左衛門入道道鐔(どうたん)、粟田、横溝原が討死したため、鎌倉勢はことごとく引き退いた。

 写真左は、小手指原古戦場跡にある白旗塚の碑(埼玉県所沢市)。上野国新田庄から南下した新田勢は小手指が原で北条方の長崎高重、桜田貞国を破り(5月11日)、さらに久米川の戦いで優勢に立った。白旗塚は小手指原にある墳丘で、合戦の際、ここに義貞が源氏の白旗を立てたという。
 写真右は、「分倍河原古戦場」の碑(東京都府中市)。久米川で敗退した北条方は分倍に陣を敷き、北条泰家を大将として新田勢を迎撃した。新田勢は敗れて所沢方面に退いたが、その夜(5月15日)、新田勢に三浦義勝を初めとする相模の豪族が加わり、16日の未明、新田勢は再び北条勢を急襲してこれを破った(以上、碑の案内板を参考)。梅松論に出て来る「関戸」は、「分倍」の対岸の地名。

 ただちに大軍が攻め上ったので、鎌倉中の騒動ははなはだしく、まるで既に敵が乱入したかのようであった。

 鎌倉では、三つの道に討手を遣わした。

 下の道には、武蔵守貞将を大将として向かった。下総国から千葉介貞胤が義貞に同心して攻め上ったため、武蔵の鶴見のあたりで戦ったが、鎌倉勢が敗れて引き退いた。

 武蔵路は、相模守守時(赤橋守時)がすさき千代塚で合戦したが、これも負けて、一歩も退かずに自害した。南條左衛門尉と安久井入道も同じ場所で命を落とした。

 武蔵守貞通は、中の道の大将として葛原で戦った。これも寄せ手の軍兵が手厳しく戦ったため、本間山城左衛門以下大勢が討死し、敗れて引き退いた。



戻る

次へ

インデックスへ戻る