梅松論17

− 鎌倉幕府の滅亡 −


新田義貞騎馬像十一人塚 五月十八日の未の刻ごろ(午後2時頃)、義貞の軍勢が稲村崎を通って前浜の在家を焼き払った。その煙が見えたので、鎌倉中は手足の置くところもないほど驚き騒ぎ、周章狼狽した。

 しかし、高時の家人の諏訪、長崎以下の者が身命を捨てて防ぎ戦ったため、この日の浜の手の大将だった大館(宗氏)が稲瀬川で討死し、その方面の勢は退いて霊山の山頂に陣を取った。

 写真左は、新田義貞騎馬像(JR 南武線・分倍河原駅前)。
 写真右は、稲村ヶ崎の近くにある十一人塚。大館宗氏主従十一人が、ここに埋葬された。大館宗氏は新田氏の一族。義貞の鎌倉攻めでは、大館宗氏の軍勢が稲村ヶ崎を通って最初に鎌倉への侵入に成功したが、小勢だったために取り籠められて討死した。このあたりでは、現在でも住宅を建てる際などに人骨が出ることがあり、ここに埋めて供養しているという。

 同十八日から二十二日に至るまで、山内、小袋坂、極楽寺の切通しなど、鎌倉中の口々で合戦が続き、鬨の声、矢叫び、人馬の足音がしばしも止むことがなかった。

 人々が敬いなつき、その富貴栄華ぶりはおそらく上代にもなかったほどであったが、楽しみが尽きて悲しみが来る世の習いを逃れることはできず、相模守高時禅門は、元弘三年(1333)五月二十二日、葛西谷で自害した。あまりに悲しいことであった。一類も、同じ場所で数百人が自害した。

義貞像稲村ヶ崎 ここに不思議だったのは、稲村崎の波打ち際は、崖は高く道は細くて軍勢が通るのが難儀であったのに、にわかに潮がひいて、合戦のあいだ干潟になっていたことである。仏神の加護であろうと人々は言った。

 写真は、生品神社境内の新田義貞像(左)と稲村ヶ崎(右)。生品神社の新田義貞像は、「稲村ヶ崎で義貞が宝剣を海に投じたところ、稲村ヶ崎が干潟となったという太平記の記述を元にしたもの。

 鎌倉は、南は海で三方は山である。峰続きに寄せ手の大軍は陣を取り、そのまま麓に下ってあちこちの在家に火を放った。すると、四方の風がみな鎌倉に吹き込んで、残りなく焼き払われた。これも天命に背いたためであろう。

 治承に右幕下(源頼朝)が草創されて以来、天にせぐくまり地に抜き足して、上を尊び下を恵んで、政道の法度、騎射の日記を定めおいて国を治めたので、狼煙の立つこともなく、家々は戸締りすることさえ忘れて久しく栄えてきたのに、時節が到来したのか、元弘三年(1333)の夏、時政の子孫七百人あまりが同時に滅亡してしまった。しかし、定めおいた条々は今に残り、天下を治め、弓箭の道を保って法となしたのは目出度いことである。

 さて、義詮(尊氏の嫡男)の御所は四歳であったが、大将として御輿に召されて義貞と同道し、関東御退治の後は二階堂の別当坊に御座されていた。関東誅伐は義貞朝臣の功であったが、どうしたことか諸将がことごとく四歳の若君に属し奉ったのは目出度いことであった。これは、永々万年、将軍としておわすことになる瑞相であろうと人々は言った。

 京都からは細川阿波守(和氏)と、舎弟の源蔵人(頼春)、掃部介(師氏)の兄弟三人が関東追討のためにさし下されたが、道中で、「関東は既に滅亡した」との知らせが入った。しかし、そのまま下向して、若君を補佐し奉った。

 鎌倉中が連日空騒ぎして世上が穏やかでなかったので、和氏、頼春、師氏の兄弟三人が義貞の宿所を訪ね、ことの子細を問い尋ねて勝負を決しようとした。そこで義貞は、野心は持っていないとの起請文を書いて弁明したので静謐となった。

 その後、義貞は、一族と共にことごとく上洛された。



戻る

次へ

インデックスへ戻る