梅松論18

− 建武の新政 −


碑富小路殿公園 京都では、君が伯耆から還幸されたので、御迎えの卿相雲客の美しいいでたちで花が開いたようであった。このたび忠功に励んだ正成、長年のほか、供奉する武士は数知れなかった。

 宝祚は、二条の内裏であった。

 写真は、「二條富小路内裏址」の碑(左)と、内裏跡にある「富小路殿公園」(右)。現在の京都御所の南側に位置する。西園寺実氏の邸宅があった場所であるが、後堀河天皇が貞永元年(1231)にここを仙洞(譲位した天皇が居住する場所)として以来、後醍醐天皇まで多くの天皇が皇居または仙洞とした。

 保元、平治、治承以来、武家の沙汰で政務をほしいままにして来たが、元弘三年(1333)の今、天下一統となったのは珍しいことである。君の御聖断は延喜天暦の昔に立ち帰り、武家は安寧を謳歌し、諸国には国司守護を定め、卿相雲客はおのおの位階に登り、実にめでたい善政であった。

 武家の楠(楠木正成)、伯耆守(名和長年)、赤松(赤松則村)以下、山陽・山陰両道の者は、朝恩に誇って傍若無人のありさまであった。

 御聖断の趣きは、五幾七道八番に分けられ、卿相を頭人として新決所というものを新たに作られた。これは、先代で引付(ひきつけ。記録や資料を管理・作成すること)の沙汰を立てていた所にあたる。大議については、記録所において裁許をおこなった。また、侍所といって、土佐守兼光、太田大夫判官親光、富部大舎人頭、三河守師直らを集めて相談され、昔のように武者所を置かれた。新田の人々を頭人にして、諸家の者らを詰番(けちばん)させた。

 古(いにしえ)の興廃を改めて、この時の例は昔の新儀であった。「朕の新儀を未来の先例とする」と、新しい勅裁を次々と出された。

 大将軍(足利尊氏)に対する叡慮は格別で、御昇進はいうに及ばず、頼朝卿の例にならって武蔵、相模、その他数国の守を御受領された。

 関東へは、同年の冬、成良親王が征夷大将軍として御下向された。下御所左馬頭殿(足利直義.尊氏の弟)が供奉したてまつったので、関東八か国の者らはほとんどが勇んで下向した。鎌倉は去る夏の乱で焼け失せていたが、大守がおわすことになって民は安堵の思いをなした。

 ところが、京都の聖断を聞き奉るに、記録所、決断所を置かれたにもかかわらず、近臣が臨時に内奏をおこなって非義を申し立てたため、綸言は朝に変わり暮れに改まり、諸人の浮沈は掌を返すかのようであった。また、先代の滅亡の時に逃げて来た者たちは、高時一族の被官だった者以外は寛宥の義をもって死罪の罪を許された。

 天下一統の掟によって所領安堵の綸旨を下されたとはいえ、所領を没収された者らが恨みを含んでいた頃、公家の間に、「尊氏無し」という言葉が広まり、好んで口にされた。

 およそ、叡慮をもって関東を滅ぼされたのは、武家を立てないためである。しかし、直義朝臣が大守として鎌倉におわしたので、東国の者どもはこれに帰服して京都には従わなかった。

 「天下一統の御本意が、これでは実の無いものになってしまう」と思し召したが、武家の方では、公家に恨みを含む者どもが、頼朝卿のように天下を専らにすることを願った。

 こうして、公武水火のうちに元弘三年(1333)は暮れた。



戻る

次へ

インデックスへ戻る