梅松論19

− 護良親王の幽閉 −


 翌年、改元があって建武元年(1334)となった。

 元三節会(がんさんせちえ)などの儀式に卿相雲客が花の袂(たもと)を連ね、まるで昔に返ったかのようであった。しかし、世の中の人々の心はおさまらず、万事もの騒がしく見えたので、このままではそのうち何が起こるかわからず、恐ろしく思われた。

 そのような中で、兵部卿親王護良、新田左金吾義貞、正成(楠木正成)、長年(名和長年)がひそかに叡慮を請けて(尊氏を討つために)出立することがたびたびに及んだ。しかし、数知れない軍勢が将軍(尊氏)に付き従っていたため、合戦になれば難儀なことになると、事に及ぼうとしては先ずは延期しようと、何事もないように北山殿へ行幸することが何度もあった。

 このようなことが続いて洛中が穏やかではなかったところに、三月上旬、関東の本間と澁谷の一族が先代方(北条方)として謀叛を起こし、相模国から鎌倉へ攻め寄せた。渋川刑部大輔義季を大将として極楽寺の前に馳せ向かい、数刻にわたって戦った結果、凶徒は敗れ去った。

 このことが京都へ注進されたため、去年召し置かれた金剛山の討手の大将、阿曾霜台(時治)、陸奥右馬介(大仏高直)、長崎四郎左衛門尉は辺土において誅せられた。これは、本間、澁谷が謀叛を起こしたためである。

 その後も、京中が騒動して止むことがなかった。

 中でも建武元年(1334)六月七日には、兵部卿親王(護良親王)を大将として将軍(尊氏)の元に押し寄せるという風聞がたったので、将軍の軍勢が御所の四面を固め奉り、残りの軍勢は二条大路に充満した。大事になったので、その日は何事もなく過ぎた。

 将軍が憤り申し上げたため、これは叡慮ではなく護良親王の企てだったということで、十月二十二日の夜、親王が御参内の折に武者所に召し籠め奉った。翌朝、常磐井殿に遷し奉り、武家どもが警固し奉った。

 宮の御内(みうち)の者たちは、武家の番衆が前もって勅命をこうむり、南部、工藤を初めとして数十人が召し預けられた。

 同十一月、親王を細川陸奥守顕氏が請け取り奉り、関東に御下向された。思いもかけない御旅の空で、何とも言いようのないことであった。

 宮の御謀叛は、真実は叡慮によるものであったが、御科(とが)を宮に譲ったため、宮が鎌倉に御下向されることになったという。宮は二階堂の薬師堂の谷におわしたが、「武家よりも君が恨めしい」と独り言されたと聞いている。

 こうして、建武元年も暮れた。



戻る

次へ

インデックスへ戻る