梅松論20

− 中先代の乱 −


 同二年(1335)、天下はいよいよ穏やかではなくなった。

 同年七月の初め、高時の次男勝寿丸が相模次郎(北条時行)と名乗って兵をあげ、信濃国諏訪の上の宮の祝(ほふり)安芸守時継(諏訪時継)の父三河入道照雲(諏訪頼重)、滋野の一族らがこれを大将として国中を従えた。その知らせが、守護小笠原信濃守貞宗の元から京都に伝えられた。

 写真は、諏訪大社上宮(長野県諏訪市)。
 諏訪氏の惣領は古代から諏訪大社の大祝(おおほうり。神官)となり、武士としては鎌倉時代には幕府の御家人となっていた。鎌倉幕府の滅亡の際、諏訪盛高が北条高時の遺児亀寿丸(北条時行)を擁して諏訪へ逃れた。その後、諏訪氏の一族は信濃守護として入部した小笠原貞宗と対立、建武二年七月、諏訪頼重・時継父子が中心となり、北条時行を奉じて挙兵した。

 御評定が行われ、「凶徒は木曽路を経て尾張黒田へ出ると思われる。ただちに軍勢を尾張へ差し向けるべきである」ということになった。

 そうしたところ、凶徒は早くも一国を打ち従えて鎌倉に攻め上った。

 渋川刑部と岩松兵部(経家)が武蔵安顕原で合戦に及んだが、逆徒が手厳しく攻めかかったため、渋川刑部と岩松兵部は二人とも自害して亡くなった。

 続いて小山下野守秀朝を発向させたが、戦が難儀に及んで、同国の府中において秀朝をはじめとして一族家人数百人が自害した。

護良親王土牢 ここに至って、七月二十二日、下御所左馬頭殿(足利直義)は鎌倉を御出立された。

 同日、薬師堂谷の御所において兵部卿親王(護良親王)を失い奉った。お痛わしさは言いようのないことであった。

 写真は、鎌倉宮の伝護良親王土牢(鎌倉市)。護良親王は実際はここではなく、東光寺という寺の塗籠(ぬりこめ)の部屋に幽閉されていたらしい。

 武蔵の井の出沢において戦い暮らしたが、味方の勢が多数討たれたため、急いで海道を引き退かれた。上野親王成良と六歳の義詮もお連れ申し上げた。

 手越の駅にお着きになった時、伊豆駿河の先代方(北条方)が攻め寄せて来た。従う者は少なかったが、武略をめぐらして防ぎ戦ったところ、当国の工藤入江左衛門尉が百騎余りで味方に馳せ参じて忠節を尽くしたので、敵は引き退いた。

 そこで、宇津谷を越えて三河国に馳せ着き、そこで人馬の息をお休めになった。

 この時、細川四郎入道義阿(頼貞)が湯治のために相模の川村山にいたので、子息の陸奥守顕氏から、無事に御上洛されるよう使節を遣わした。そうしたところ、「自分が敵中にありながら一つの功も立てないのも無念である。また、ここで生きながらえれば、人は自分のことを頼りない者と思うであろう。一命を奉り、子孫に存分に合戦の忠をいたさせよう」と言うと、使者の前で自害してしまった。

 将軍はこれを聞こし召されて、深く御愁嘆された。忠臣の道とはいえ、猛くも哀れなことであった。

 このためか、合戦のたびごとに忠功に励んで、帯刀先生(たてわきせんじょう)直俊、左近大夫将監将氏らが討死した。

 天下静謐ののち、義阿のために、子息が奥州洛中の安国寺、讃州の長興寺を建立された。命を塵より軽くして、没後にその威を上げられたのは、ありがたいことであった。



戻る

次へ

インデックスへ戻る