梅松論21

− 足利尊氏の鎌倉下向 −


足利尊氏  さて、関東の合戦のことが京都に伝えられたので、将軍(尊氏)が御奏聞されて、「凶徒が関東において合戦し、鎌倉に攻め込みました。直義朝臣(足利直義。尊氏の弟)は勢が少なくて防ぐ術がなく、海道に退きました。このような知らせが入ったからには、暇乞いして合力いたしたく存じます」と、たびたび申し上げた。しかし、勅許はなかった。

 そこで、「これは私事ではない。天下のためである」と申し捨てて、八月二日に京都を出立された。この頃、公家に見切りをつけていた人が大勢いたが、それらの人々は皆、喜悦の眉を開いて御供申し上げた。

 写真は、等持院の足利尊氏木像。

 三河の矢作にお着きになって、そこで京都と鎌倉の両大将(尊氏と直義)が御対面になった。

 ただちにこの場所を出立して関東に御下向されるべきところであったが、先代方(北条方)の軍勢が遠江の橋本に要害を構えて道を塞いだため、先陣の軍士の阿保丹後守入海をつかわして合戦した。阿保は敵を追い散らしたが、その身は傷をこうむった。将軍は御感のあまりに、その恩賞として、家督阿保左衛門入道道潭(どうたん)の跡を拝領させた。これを見た人々は、命を失うことも忘れて勇み戦った。

 この合戦を初めとして、同国佐夜の中山、駿河の高橋縄手、箱根山、相模川、片瀬川から鎌倉に着くまで、敵に余裕を与えず七度の戦いに勝利して、八月十九日に鎌倉に攻め入った。

 諏訪の祝(ほふり)父子と阿保次郎左衛門入道道潭の子は自害して果てた。残りの輩も、あるいは降参し、あるいは攻め落とされた。

 相模次郎(北条時行)は七月の末から八月十九日までの二十日余りの間だけ父祖の旧地に戻ることができたが、ほどなく没落することになったのは哀れなことであった。

 鎌倉に討ち入った軍勢の中に、かねてからの旧臣であった古老はおらず、大将と称していた相模次郎(北条時行)も幼かった。大仏、極楽寺、名越(いずれも、北条氏の一族)の子孫どもで、寺に入って僧喝食(かつじき)になって何とか命をながらえていた者たちがにわかに還俗したものの、名のある人もいなかったので、烏合の衆のようで功をなすことができなかった。これも、天命に背いたためであろうと思われた。

 これ(相模次郎。北条時行)を、中先代とも二十日先代とも呼んでいる。



戻る

次へ

インデックスへ戻る