梅松論22

− 鎌倉占拠 −


永福寺跡  やがて将軍御兄弟は鎌倉に入り、二階堂の別当に御座した。

 写真は、「永福寺旧跡」の碑(鎌倉市二階堂)。文治五年(1189)、奥州合戦から凱旋した源頼朝が、平泉中尊寺の「二階大堂」(大長寿院)を模した寺を鎌倉につくることを発案し、永福寺(ようふくじ)創建の事始めを行った。鎌倉幕府滅亡直後に足利千寿王(義詮)が宿営し、続いて下向した足利直義が居を定めたのもこの地と考えられている。(参考文献:奥富敬之著「鎌倉史跡事典」、新人物往来社)

 京都から供奉した者どもは勲功の賞に預かることを喜び、また、先代(北条氏)に与力した者どもは死罪流刑に処せられるべきところを許されたので、先非を悔いて忠節に励もうと思わない者はいなかった。

 京都からは、人々が親類を使者として遣わし、東夷誅罰を祝い申し上げた。

 また、勅使の中院蔵人頭中将具光朝臣が関東に下着し、「このたび東国の逆浪をすみやかに静謐したことは、叡感再三である。ただし、軍兵の賞については、京都において綸旨をもって宛てがい行うこととする。まずは、すみやかに帰洛するように」との仰せであった。

 大御所(尊氏)が、「急いで参上する」と勅答申し上げたが、下御所(直義)が、

「御上洛すべきではありません。なぜなら、相模守高時が滅亡して天下一統となったのは、御武威によるものです。先年、京都に御座されていた時に、公家と義貞がたびたび陰謀に及びましたが、御運によってこれまで無事ですみました。大敵の中を逃れて関東に御座されているのですから、このままここにとどまるべきです」と、固く諌め申し上げた。

 そこで御上洛はやめて、若宮小路の代々将軍家の旧跡であった場所に御所を造られた。師直(高師直。尊氏の執事)以下の諸大名の館が軒を並べたので、鎌倉のありさまはまことに目出度く見えた。

 このたび両大将に供奉した人々には、信濃常陸の缺所(けっしょ)を勲功の賞として宛て行われたが、そこに、義貞が討手の大将として関東に下向するという風聞が届いた。そこで、上杉武庫禅門(上杉兵庫頭憲房)を、義貞の分国上野の守護職に任じた。(上杉武庫禅門は)これを拝領して、用意のために国に下った。

 京都伺候の親類や代官どもが急いで京都に上り、関東に忠を立てようとする人々は京都から鎌倉に逃げ下った。海道を上り下りする者どもがひしめいて、建武二年の秋冬は世上穏やかでなかった。



戻る

次へ

インデックスへ戻る