梅松論23

− 新田義貞の下向 −


  やがて、数万騎の官軍が関東に下向すると伝わったので、高越後守(師泰)を大将として大軍を海道に遣わされた。

 将軍(尊氏)は師泰に、「まず三河国に下り、矢作川を前に当て、三河は分国なので当国の軍勢をかり催して勢が集まるのを待て。決して川より西へ馬を越えてはいけない」と、命じた。

 それを請けてその場所に陣を取っていたところ、やがて義貞は大軍で川の西岸に陣を取った。三日間にわたってそこを守り、雌雄は決しなかった。

 その後、東軍は三手に分かれ、まず上下の軍勢が川を渡って西岸で火花を散らして戦った。中央の軍勢は両軍とも駈け合わさなかったが、やがて義貞の中軍から堀口大炊助(貞満)という者が乗り出して、四方八方を討ってまわり、武略を尽くして戦い始めた。

手越河原 西軍が川を渡って来て合戦が難儀に及んだため、師泰は引き退いて、その後、遠江乗(のり)の鷺坂、駿河の今見村で支えようとした。しかし、ここも防ぎ難かった。

 ここに至って、建武二年(1335)十二月二日、下御所(足利直義)が数万騎を率い、同五日、手越河原に馳せ向かって、終日入り乱れて戦った。人馬の足音は百千の雷が地に落ちたかと思われ、剣戟の閃きは稲妻のようであった。その恐ろしさは言葉では言い表せないほどであった。

 写真は、「手越河原古戦場跡」の碑。JR阿倍川駅(静岡市)の近くのみずほ公園にある。

 そうしたところ、味方の討死、手負いは数知れず、味方は利を失って、武家の輩の多数が降参して義貞の方に加わってしまった。はばかりがあるので、名字はここには書かない。

 そこで、下御所(直義)は箱根山に引き籠もり、水呑(みずのみ)を掘り切って要害を構え、そこに御座された。仁木、細川、師直、師泰以下、一人当千の者どもが残らずそこに陣を取った。

 将軍(尊氏)は、先日勅使の具光朝臣が下向された時、「帰洛する」と仰せになりながら参上しなかったのが御本意でなかったので、このことを深く嘆き、「龍顔に昵近(じっきん)し奉って勅命を請け、恩言といい叡慮といい、いつの世、いつの時であっても君の御芳志を忘れ奉っていない。このたびのことは、決して自分の望むところではない」と思し召され、政務を下御所(直義)にお譲りになった。そして、細川源蔵人頼春と近習三人を従えて、ひそかに浄光寺に入られた。



戻る

次へ

インデックスへ戻る