梅松論24

− 竹ノ下、佐野山、伊豆国府の合戦 −


 やがて将軍(尊氏)は、海道の合戦が難儀に及んでいることを聞こしめして、

「守殿(直義)が命を落とせば、自分が生きていても仕方ない。違勅は心中から出たものではない。これは、君もわかっていることであろう。八幡大菩薩も御加護くださるであろう。」と、仰せになった。

 先だって諸軍勢を向けられたが、お考えがあってのことか、小山、結城、長沼の一族は鎌倉に留められていた。

 この者どもは、治承の昔、源頼朝が義兵を興した時、まっさきに馳せ参じて忠節を尽くした小山下野大掾藤原政光入道の子供の、連枝の人の子孫である。先祖の武蔵守兼鎮守府将軍秀郷朝臣は承平に朝敵の平将門を討ち取り、子々孫々鎮守府将軍の職をこうむった五代将軍の後胤である。代々武略の誉(ほまれ)を残し、弓馬の家の達者である。

 建武二年(1334)十二月八日、その軍勢二千騎が先陣となり、将軍は鎌倉を出立された。

 人々は、箱根の御陣に加わって共に戦うものとばかり思っていたが、将軍ははかりごとをめぐらし、「自分が水呑に行けば、そこを守るばかりで利を得ることはできないであろう。この新手を、箱根山を越えて発向させて合戦すれば敵は驚き騒ぎ、思いのままに誅伐できるであろう」と、仰せになった。

 同十日の夜、竹の下道で夜を過ごした。夜が明けるとともに、「恋せばや契らじ」と詠まれた足柄明神の南の野に、一宮(尊良親王)、新田(義貞)、脇屋(義助)を大将とする寄せ手が控えているのが見えた。

 味方の先陣が山を下り、野山に上って、坂の下で駆け合い、合戦となった。敵がこらえられずに退くところを、味方は勝ちに乗って三十里余りも追い討ちし、藍沢原でこれを限りと戦った。

 数百人の敵を討ち取ったので、御感のあまりに武蔵の太田庄を小山常犬丸に宛てがわれた。これは、小山の由緒の地である。また、常陸の関郡を結城に宛てがわれた。これらが、このたびの戦場の御下文の最初であった。

 これを聞いた者は、命を忘れ死を争って、勇み戦おうとしない者はいなかった。「香餌の下には懸魚あり。重賞の所には勇士あり」というのはこのことであろうと思われた。

 翌十二日、京勢は駿河に退き、佐野山に陣を取った。

 その時、官軍として三百騎で下向した大友左近将監(貞載)が、「味方に参上する」と言って来たため、それを許したところ、ここでの合戦の矢合わせの際、味方に加わって合戦の忠節を尽くした。そのため敵陣はすぐに敗れて、二条中条為冬をはじめとして、京方の大勢が討たれた。この為冬朝臣は将軍の朋友だったので、その首を召し寄せて御覧になり、将軍は御愁傷の色が深かった。

 その夜は雨だったので、伊豆の国府を見下ろして山野に陣を取られた。きのうと今日の合戦に味方が勝利したため、軍勢が雲霞のごとく集まった。

 夜通しの雨だったが、明くる十三日、晴れ間も待たずに伊豆の国府に攻め入った。義貞以下の者どもは水呑の陣を払って夜中に没落したが、三島明神の前を過ぎて海道へ出るところに味方が馳せ向かい、辰巳二時の間(午前6時頃から午前8時頃まで)、合戦となった。鬨の声、矢叫び、戦いの掛け声に地も震えた。この合戦で、畠山安房入道が討死した。

 義貞は、わずかな残兵を率いて富士川を渡った。



戻る

次へ

インデックスへ戻る