梅松論25

− 足利尊氏の上洛 −


 味方は、竹の下、佐野山、伊豆の国府と三日間の合戦に勝ち、今日十三日には足柄と箱根の両大将が一手となって、府中から車返し、浮島原に至るまで軍勢が満ちあふれた。いろいろな幕を引き、思いおもいの家の紋旗を立て並べ、幾千万もの旗が風にひるがえった。

 翌十四日も、同じ場所に御逗留された。

 軍議において、「ここで両将は鎌倉に御帰りになって関東を御沙汰されるべきである」という意見が出たが、「海道や京都の合戦が大事なので一気に攻め上るべきである」との仰せで、同十五日、海道に向かわれた。

 浮島原に出たところ、十二月半ばのことだったので、富士の根、麓野に至るまで深い雪が積もって、山の姿もわからないほどであった。いつ積もった雪かと思われた。

 去る五日の手越河原の合戦の時に京方に属していた者どもが、富士川で降参して来た。

 昔から東の軍兵が西に向かったのは、寿永三年(1184)の範頼・義経、承久の泰時・時房、そして、このたび建武二年(1335)の御所尊氏・直義で三度目である。御入洛は何の疑いがあろうかと、勇み喜んだ。

 海道には山河の障害があって足掛かりとすべき難所が無いので合戦は無いだろうと思っていたところ、天龍川に橋を懸けて、渡し守がそこを警固していた。

「この川は流れが早く水が深いので、橋を懸けるのはたいへんなことだろうに、誰が沙汰して橋を渡したのか。」とお尋ねになると、渡し守が答えた。

「このところの乱のため、我らは山林に隠れて、船はあちこちに置いておりました。新田殿(義貞)が当所にお着きになると、『川には浅瀬が無く、敗軍とはいえ大勢である。馬で渡ることもできない。船で渡れば時間がかかり、味方を一人でも失うことになれば不憫である。急いで浮き橋を懸けよ。難渋させれば、汝らを誅するであろう。』と命じられたので、三日間で橋を懸けました。

新田殿は軍勢をお渡しになり、一人残らず渡ったのを見届けてから自身もお渡りになりました。

その後、軍兵どもが、この橋を切るようにと下知しましたが、それを聞いて義貞がおおいに立腹され、橋の途中から引き返して我らを召され、

『敗軍の我らでさえ懸けて渡れる橋を、たとえ切り落としたとしても、勝ちに乗った東の軍兵が再び橋を懸けるのにたいして時間はかからないであろう。敵の大軍に向かう時に、味方は小勢で川を背後にし、退かないための謀(はかりごと)として舟を焼き橋を切ることこそ武略の手立てというものである。この義貞が、敵にも懸けられる橋を切り落としてあわてふためいて落ちて行ったなどと言われれば末代に至るまで口惜しい。橋を警固しておれ』と言い含めて、静かに橋をお渡りになりました。それで、橋を守って御勢をお待ち申し上げていたのです。」

 これを聞いた人は皆涙を流し、「弓矢の家に生まれれば、誰もがこのようにありたいものだ。疑いなき名将でおわす。」と、義貞に感心しない人はいなかった。



戻る

次へ

インデックスへ戻る