梅松論26

− 京都の陥落 −


 そうしたところ、関東八か国と海道の者どもが一人も残らず将軍の味方に属し奉ったので、美濃、近江に入ると軍勢が山野や村里に充満して人馬が足を立てる場所もないほどであった。

印岐志呂神社の森印岐志呂神社  やがて、京方の山法師(比叡山の僧)の道場坊阿闍梨宥覚(佑覚)が比叡山の僧兵千人余りを語らって、江州の伊岐代(いきしろ)館をにわかづくりの砦として立て籠もった。これは、関東勢を当国に支えて、背後に敵を蜂起させて後詰めさせようとの謀(はかりごと)であった。

 写真は、琵琶湖東岸の印岐志呂(いきしろ)神社(滋賀県草津市芦浦)。佑覚を初めとする比叡山の僧兵が立て籠もった「伊岐代館」は、ここにあった。

 そこで、武蔵守師直(高師直)が大将として大軍を率い、建武二年(1335)十二月三十日にその城に押し寄せて、一夜のうちに攻め落とした。ここは野路の宿の西で湖の端だったので、討ち洩らされた者どもは舟に乗って落ちて行った。

 やがて、軍勢の手分けがあった。

 瀬田は下御所大将(足利直義)、副将軍は越後守師泰(高師泰)。淀は畠山上総介(畠山高国)。芋洗は吉見三河守。宇治へは将軍(尊氏)が向かわれることになった。

 京方の瀬田の大将は、千種宰相中将(千種忠顕)、結城太田入道判官親光、伯耆守長年(名和長年)である。

 瀬田では、正月三日から矢合わせがあったという。

 将軍は日原路を経て宇治へ向かわれた。

 そこに、去る元弘三年(1333)の御一統の時、北畠亜相禅門(北畠顕家。亜相は大納言の唐名)が、准后腹の三の宮(阿野廉子の産んだ義良親王)を奉じて出羽陸奥両国を守として管領されていたので、これが五十四郡の軍勢を率いて後詰めのために不破の関を越えてこちらへ向かっているという知らせが入った。

宇治橋 京方の宇治の討手の大将義貞は、橋の中央の二間の橋板をはずし、櫓、掻楯(かいだて)を立てて宇治を支えていた。

 写真は、宇治橋。

 同八日の夕方、橋の中櫓の下で、結城の山河の家人野木与一兵衛尉と童の二人が一人当千の武略をもって戦ったので、将軍は御感のあまりに御腰の物をその場で両人にお与えになった。末代までの面目であった。

 日夜、川を隔てて矢戦(やいくさ)が続いたが、そこに、細川卿公定禅を大将として、赤松入道円心(赤松則村)など、四国中国で御教書をたまわった者どもが、摂津国や河内国のあたりの陣に馳せ加わった。

 同九日の酉の刻(午後6時頃)、その者らが、「明日十日の午の刻前(正午前)に、山崎の京方を破って狼煙を上げます。同時に御合戦ください」と、言って来た。

比叡山 夜の明けるのを待ち、定禅と円心が一緒に城戸口に押し寄せて攻め戦い、予定どおり十日の午の刻頃(正午頃)、山崎を打ち破って久我鳥羽に攻め入り、火をあげた。

 そうしたところ、あちこちの京方は皆洛中に逃げ入り、同十日の夜、(後醍醐院は)山門(比叡山延暦寺)へ臨幸された。

 写真は、比叡山の遠望。「梅松論」では、このあとしばしば「雲母坂(きららざか)」や「赤山社」という名称が出て来ますが、これは比叡山の南西(写真の右方)からの登り口に当たります。

 その際、内裏も焼亡してしまった。最近、閑院殿が焼亡して以来、これが皇居のなごりであったのに、これはどうしたことかと、人々は皆驚き悲しんだ(閑院殿は高倉帝以来、里内裏として使われていたが、後深草院の建長元年(1249)に焼亡した)。同時に卿相雲客以下、親光(結城親光)、正成(楠木正成)、長年(名和長年)の宿所も灰燼となってしまった。浅ましいことであった。

 秦の軍が敗れて咸陽宮、阿房宮が焼き払われたのは異朝のことなので想像するばかりであるが、寿永三年(1184)の平家の都落ちもこのようなものであったろうかと、哀れに思われた。

これで上巻は終わりです。
次のページから下巻になります。



戻る

次へ

インデックスへ戻る