梅松論30

− 播磨落ち −


糺河原 同正月晦日の夜半から糺河原(ただすかわら)の合戦が始まった。

 今日を限りと戦ったが、味方が敗れて二階堂信濃判官行周(ゆきちか)が討ち死にした。

 写真は、「糺河原」付近。賀茂川と高野川がこの付近で合流して鴨川となる。左奥は下鴨神社の糺(ただす)の森。右手遠方の山は比叡山。「梅松論」では武家方(尊氏方)が敗れた経緯についてほとんど触れられていないが、「太平記」によれば、軍勢を洛中に分散させていたのが原因で敗れたという。

 去年の八月の初め、武将(尊氏)は東夷を鎮めるために都を出られ、海道の所々で合戦して鎌倉に下向し、相模次郎(北条時行)、諏訪の祝(ほうり)以下を退治した。その冬、君と臣の間に行き違いがあって、矢作川の戦いから東の軍兵は利を失い箱根に籠もった。しかし、足柄の合戦に味方が勝ち、そのまま攻め上って洛中に乱れ入り、一両年にわたって雌雄を決する戦いを続けてきた。しかし、弓折れ矢尽き、馬は疲れ人は気力を失い、味方は戦いに敗れて、その日の夕刻、丹波の篠村に陣を召された。

 明くる建武三年(1336)二月一日、また都に攻め入ろうという意見もあったが、退いて功をなすのも武略の道であるということになった。

 細川の人々が、「まず赤松以下の西国の者を案内者として御陣を摂津国兵庫の島へ移され、そこの船で兵糧を集め、人馬の息を継がせて、諸国の味方を催して同時に都に攻め入るのがよいでしょう。」と、申し上げた。

 そこで、三草山を通って播磨のいなみ野に出て、同二月三日、兵庫の島にお着きになった。

 そこに、赤松入道円心(則村)が参上して申し上げた。

「ここは要害の地ではありません。ここにおわすのは痛ましく存じます。円心が両大将を摩耶の城に移し奉ります。軍勢はこの港に陣を取るのがよいでしょう。兵庫と摩耶の距離は五十町です。」

 これを聞いて、ある勇士が言った。

「円心の意見には聞くべきところもありますが、それはこの御陣を用心するためだけの策です。去年から天下は二つに分かれ、諸国は敵味方に分かれて勝負を決していない国が多いことでしょう。たとえ一夜でも両大将が城に籠もり、それが遠方に伝われば、敵は利を得て味方は力を落とすことになりましょう。最後に利を得ることこそ大切です。御陣を摩耶に移すのはやめた方がよいでしょう。」

 円心はこれを聞き、

「当所は要害でないので、愚意の及ぶところを申し上げただけです。諸国のことは考えもしませんでした。遠方にどのように思われるかが最も大切なので、たとえ城におわしたとしても出た方がよいようです。」と、同意した。そこで、その場所を御陣に定められた。

 そうしたところ、先だって御教書をたまわった周防の守護大内豊前守(大内長弘)と長門の守護厚東入道(厚東武実)の二人が、兵船五百艘を率いてこの港に参上した。

 そこで、この新手で都に攻め上ろうと、二月十日に兵庫をお発ちになった。

 そこに、宮方の楠大夫判官正成が、和泉河内両国の守護として摂津国西宮浜に馳せ合わせ、追いつ返しつ終日戦って決着がつかなった。ところが何を思ったのか、夜になってから正成は陣を引いて落ちて行った。

 



戻る

次へ

インデックスへ戻る