梅松論31

− 尊氏の九州落ち・その1 −


 翌十一日、細川の人々を大将として、周防長門の軍勢を従えて攻め上った。義貞が同国瀬川の河原に駆け合わせ、ここを限りと戦ったので、細川阿波守和氏の舎弟の源蔵人頼春が深手を負われた。合戦をしそんじて、それぞれの陣で人馬の息を継がせた。

赤松円心墓赤松円心墓 そうしたところ、夜更けに赤松入道円心(則村)が将軍の御前に参上して申し上げた。

 写真左は赤松円心の墓。赤松円心(則村)は播磨の国人で鎌倉幕府の打倒に大きな功績があったが、恩賞に不満を持ち、尊氏が建武政権に叛旗を翻すと尊氏方として旗を揚げて、その後は一貫して武家方として行動した。
 円心の墓は、もと安置されていた大竜庵が廃絶したのち一時放置されていたが、富岡鉄斎によって発見されて建仁寺の塔頭久昌院(写真右)に移された。円心の三男則祐が建てたものといわれるが確かではない。参考文献「京都の歴史 第二巻 中世の明暗」(京都市史編さん所発行、1971年)

「たとえこの陣を破って都に攻め上ったとしても、味方は疲れて大功をなすのは難しく思われます。しばらく御陣を西国に移されて、軍勢の息を継がせ、馬を休ませ、弓箭干戈の用意をしてから、再び上洛されるべきです。およそ合戦においては、旗こそ大切です。官軍は錦の御旗を先頭に立てています。味方はこれに相当する旗が無いため、朝敵のように見えます。持明院殿(後伏見院)は天子の正統でおわしますから、その叡慮は、先代(北条氏)の滅亡後、心よいはずがありません。急いで院宣をいただいて、錦の御旗を先頭に立てるべきです。

去年の合戦で味方が利を失ったのは、大将軍(金星)が西の方にあったためです。そのため、関東から御発向の合戦の折には味方に利がありませんでした。今度、西国から攻め上れば、洛中の大将軍の方に向かうことになるので、御本意を達することができるでしょう。

まず、四国へは細川の一家が下向するとよいでしょう。中国の摂津播磨両国は円心が守りましょう。

鎮西は、太宰筑後入道妙恵(少弐貞経)の子の三郎(頼尚)と将監の二人が今ここに供奉しています。以前、妙恵が御教書をたまわったので、きっと忠節を尽くすでしょう。

大友左近将監(貞載)は、去る七月、京都で親光(結城親光)によって討たれました。家督の千代松丸は幼少のため、一族家人数百人が当陣に伺候しています。

中国四国九州の軍勢を従えて、時日をおかずに御帰洛できることは疑いありません。まずは、摩耶城の麓にお越しください。」

 このように再三にわたって忠言申し上げたので、夜中に瀬川の御陣を退いて、十二日の卯の刻(午前6時頃)に兵庫に入御された。

 しかし、下御所(足利直義)は再び戻って摩耶の麓におわし、何とかして都に攻め入って命を捨てようとしている様子であった。しかし、将軍が御説得されたので、兵庫にお帰りになった。

 同日、酉の刻(午後6時頃)から、誰が乗り始めるともなく船に乗り始めた。あわただしい様子であった。

 治承の昔、頼朝が義兵を興したばかりの頃、石橋の合戦に敗れて真鶴が崎から御船に乗られた時は土肥次郎実平、岡崎四郎美実以下主従七人で安房上総を目指されたものである。海上では三浦小太郎義盛が参上した。まことに忠信と見えたので、たのもしく思し召された。御船が安房の国猟島に着いたあと、すみやかに関東八か国を残らず従えて御本意を達せられた。

 また、頼義、義家も、奥州征伐の時、七騎だけになったことがあった。

 最初に負けるのは、当家の佳例であると言う者が多かった。

 そうしたところ、供奉していた大将の中に、京都に赴いた者が七八人いた。降参するためであった。この者たちは皆、去年の関東の合戦から今にいたるまで戦功を尽くしていた人々だが、味方が敗北してしまったため、いつしか旗を巻き兜を脱いで、笠印を改めてしまった。その心中を思うと哀れである。

 これらを見るにつけても、義を重んじ命を軽くする勇士は、いよいよ忠節を尽くそうと心を決めた様子であった。

 



戻る

次へ

インデックスへ戻る