梅松論32

− 尊氏の九州落ち・その2 −


 戌の刻頃(午後8時頃)、御座船が海へ出ると、にわかに西風が吹いた。これは「たつ」といって追い風だったので、寅の刻頃(午前4時頃)播磨の室の津にお着きになった。夜中に船に乗り遅れた人々は、陸路を経てここに馳せ参じた。忠節神妙なことである。従い奉った船は、三百艘あまりであった。

 このたび渡ったのは播磨の灘で、順風が吹かないと渡海できない大事な航海であった。もしも順風が吹かなければ御浮沈にかかわるところであった。しかし、無事渡海できたので、「仏神の御加護であろう」と、渡海の間に下御所(足利直義)が舎利と御剣を龍神に手向けて海底に沈められた。

 この港に二日間御逗留された。

 御合戦の評定はまちまちであった。ある人が、「きっと京勢が襲って来るでしょう。四国九州にお着きになるまでの背後の守りとして、国々に大将を留めるべきです」と言うと、「それがよい」との上意であった。

 まず、四国には、細川阿波守和氏、源蔵人頼春、掃部介師氏の兄弟三人と、同従弟兵部少輔顕氏、卿公定禅、三位公皇海、帯刀先生直俊、大夫将監政氏、伊予守繁氏の兄弟六人。以上、九人。阿波守(細川和氏)と兵部少輔(細川顕氏)の両人が、国において勲功の軽重に応じて恩賞を行うよう仰せ付けられた。

 播磨は赤松(円心)

 備前は尾張親衛(石橋和義)を、松田(盛朝)の一族と共に三石の城にお入れになった。

 備中は、今川三郎四郎兄弟(俊氏・政氏)を鞆尾道に陣取らせた。

 安芸国は桃井の布河近作(桃井義盛か)、小早川一族を差し置かれた。

 周防国は、大将新田大島兵庫頭(義政)、守護大内豊前守(長弘)

 長門国は、大将尾張守(斯波高経)、守護厚東太郎入道(武実)

鞆の浦小松寺 このように定め置いて、備後の鞆(とも)にお着きになった。

 そこに、三宝院僧正賢俊を勅使として、持明院(光厳院)から院宣を下された。それを聞いて人々は勇みたった。「すでに朝敵ではない」と、錦の御旗を揚げることを国々の大将に仰せ遣わされたのは目出度いことであった。

 写真左は、鞆の浦(広島県福山市鞆町)。鞆の浦は瀬戸内海の潮の流れが変わる場所で、古代から潮待ちの港として発展した。
 写真右は、鞆の浦の小松寺。安元元年
(1175)平重盛が厳島参詣の途中、ここに一宇を建立して護身の阿弥陀仏を安置したのが始まりと伝えられている。足利尊氏は、この寺で光厳院の院宣を受けた。後に、織田信長によって京を追われた足利義昭もこの寺を寓居として幕府の再興を計ったが、果たせなかった。このことから、「足利は鞆に興り、鞆に滅ぶ」と言われている。

 はからずも遠方に行かれることになっただけでも御痛わしいのに、将軍を初めとして勇士どもも、船路には慣れない者が多かった。

 漫々たる海上に浮かんだ御座船をはじめとする数百艘の舟は、半天の雲に登って行く心地がして、どことも知らない行方に白波が立ち騒ぎ、立ち帰るべき故郷ははるか遠く、通って来たあとを雲が埋め、岸の松にしきりに吹く風が旅泊の夢を破ってまどろむ暇も無く、旧里の空が忘れられないのに、この先、命があるかどうかもわからず、その心細さは言いようもなかった。

 



戻る

次へ

インデックスへ戻る