梅松論33

− 少弐貞経(妙恵)の自害 −


 生きて帰れるかはわからないものの、日数を経て建武三年(1336)二月二十日、御船は波風のわずらいもなく、長門国赤間の関に着いた。

 同二十五日、太宰少弐筑後入道妙恵(少弐貞経)の嫡子、頼尚兄弟と一族らが五百騎あまりでお迎えに参上し、両御所(尊氏と直義)に錦の直垂を進上した。味方の喜びはこのうえなかった。

 同二十九日、赤間の関からまた御船を出された。内海を一日の行程で、筑紫(九州)の筑前国芦屋の津にお着きになった。

 夕刻、「この日の早朝、妙恵(少弐貞経)が内山(有智山)で自害した」と、知らされた。

 自害した理由は、肥後国から菊池寂阿(菊池武時)の子、掃部介武敏が宮方として寄せて来たので、一昨日二月二十八日と二十九日の二日にわたって筑後国において力を尽くして戦ったものの、筑後入道妙恵(少弐貞経)は合戦に敗れて宰府の館を退いた。

 写真左は、大宰府政庁跡。少弐氏は、太宰少弐(大宰府の次官)の職を世襲していたため少弐を苗字とするようになった一族である。写真右は、太宰府天満宮。政庁跡から東北東に行ったところにあり、太宰府に流されて亡くなった菅原道真を祀る。

 その際、将軍や供奉の人々のために用意しておいた御馬や物の具がすべて灰燼となってしまったのを見て、

「両将(尊氏と直義)がこちらまで御下向されるのは、希代のことである。先だって関東から頼まれて御自筆の御教書を下されたので、微力を尽くすために頼尚をお迎えに参上させたが、そのあと合戦に敗れてしまい面目を失ってしまった。この老人が生きながらえても無益である。お二方の御下向に際して命を奉る以外、何の志もない。自分が君のために忠節を尽くせば、子孫は末長く二心を持たないであろう。」

 こう言うと、宰府の近くの内山(有智山)という山寺に籠もり、数刻のあいだ最後の合戦をしたあと、腹を切った。

 写真は、岩屋城址から望む宝満山。少弐貞経が立て籠もった有智山(内山)城は、宝満山の尾根の一つにあった山城。有智山城は、少弐氏の詰めの城(合戦の際に立て籠もる城)として、その後もたびたび合戦の舞台となった。

 その際、妙恵は僧を近付けて、子息の頼尚の元に、

「自分が将軍のために命を奉ったあと、追善は決しておこなってはいけない。頼尚を初めとして生き残った一族家人は、心を一つにして忠節を尽くし、将軍を御代に付け奉るようにせよ。それこそが大仏事と思え。それによって、冥土の闇も明るくなろう。経陀羅尼の仏事は決して受けない。」と申し送ったのは哀れなことであった。

 伝え聞くところによれば、治承に頼朝が義兵をあげたばかりの頃、三浦介義明が衣笠の城で畠山重忠と戦い、最期の際に子供に、「自分は源家累代の家人として、老いの命を君に奉り、勲功を汝らに施せるのはこのうえない喜びである。ここで一緒に命を捨ててはいけない。義明はここの城で防ぎ戦うことにする。汝らは君の味方として参上して忠を尽くせ。天下は必ず源家の世となろう」と、涙を流しながら厳しく言いつけたという。和田小太郎義盛、荒次郎義澄以下は、今を限りの別れと思い、互いに弱気なところを見せまいと、皆涙をこらえて城を出た。その後、義明は重忠に討ち取られた。それで、三浦は忠孝を今に残しているのである。

 妙恵が将軍のために命を捨てたのは、義明のふるまいと少しも異なるところがない。

 頼尚以下に「このことを忘れてはいけない」と言い置いて、二月三十日、妙恵を初めとして頼尚の弟の越後守、尾張守父子三人と一族家人五百人あまりが一緒に討死自害した。名を後代に残し、子孫が御感に預かったのは目出度いことであった。

 将軍が天下を召された後、頼尚は恩賞を数か所たまわり、鎮西下向の際には御餞別として両御所においてさまざまな面目を施し、将軍からは錦の御直垂と御盃をたまわった。下御所からは、たびたびの合戦にいつも召されていた黄河原毛の御馬を拝領した。昔、故郷へ錦を飾った朱買臣(しゅばいしん。呉の人。漢書列伝にみえる)もこのようだったかと思われた。

 やがて、妙恵が自害したことが芦屋の御陣に伝わったため、頼尚にお尋ねになった。しかし、頼尚は、本当のことを知りながら、御前では虚説を述べて退出した。これは、味方が力を落とさないようにと考えてのことである。

 翌三月一日、頼尚が先陣をうけたまわって芦屋の津をお発ちになり、酉の刻(午後6時頃)に宗像大宮司(氏範)の宿所にお着きになった。ここで、両御所に御鎧馬を進上申し上げた。

 ここで妙恵の自害が本当であったことを聞こし召され、ひどくお嘆きの様子であった。

 



戻る

次へ

インデックスへ戻る