梅松論34

− 多々良浜出陣 −


宗像大社 そうしたところ、敵がすでに博多に控えているとの知らせが入ったので、その夜、五十町先の蓑尾浜というところに陣を取った。そこに頼尚一人が宗像の御陣に召されて、合戦の御相談をされた。

 写真は、宗像大社の拝殿。宗像大社は、沖津宮、中津宮、辺津宮の三宮から成り、天照大神の子という田心(たごり)姫神、湍津(たぎつ)姫神、市杵島(いちきしま)姫神をそれぞれ祀っている。この神社には、宗像大宮司氏範が多々良浜の合戦の前に足利尊氏から拝領したという藍韋威肩白胴丸(あいかわおどしかたしろどうまる)と兜が伝来されている。いずれも重要文化財。

 頼尚は、

「先の宰府での合戦では頼尚以下が御迎えに参上していたため無勢で負けましたが、父の入道(妙恵)は国のことをよく知っていますから、無事にどこかに落ちたと思われます。明日の合戦では、国人たちが必ず味方として参上するでしょう。菊池武敏だけは頼尚の一刀で誅伐いたしたく存じます。必ずや、遂げられるでしょう。」と、こともなげに言った。

 そのありさまは、まことに頼もしく見えた。

 ある人が、

「関東から供奉して来た者どもは命を奉ろうと思っていますが、馬を兵庫に捨てて来たため、徒歩で今夜追い付き奉るのはむずかしいかもしれません。明日は御逗留されて、供奉の者を先に立てて御合戦するべきです。それらの者を捨て置いてお発ちになるのは不憫です。」と言い、衆議は定まらなかった。

 そこに、この夜半に菊池はすでに宰府を発って押し寄せるという注進が、ほうぼうから入ってきた。そこで、後陣の者どもについては御沙汰に及ばず、建武三年(1336)三月二日辰の刻(午前8時頃)に宗像の御陣をお発ちになった。

 五六里ほど過ぎた未の刻ごろ(午後2時頃)、香椎宮の御宝前をお過ぎになる時、神人らが杉の枝を折り持って来て、「敵は皆、笹の葉を笠印に付けています。これを味方の笠印にしてください」と、言った。

 そこで、両大将(尊氏、直義)から始めて、軍勢の笠印として付けさせた。奇瑞、まことにめでたく見えた。

 当社は新羅征伐の昔、神功皇后が椎の木に御手を触れられて香ばしかったため、香椎宮と呼ばれている。それで、当社は椎の木を神体に擬し、杉の木を御宝としている。

 写真左は、香椎宮と神木「綾杉」。写真右は、綾杉の全体の姿。神功皇后が三韓から戻ったあと、ここに三種の神宝を埋め、その上にこの杉を植えたという伝説がある。綾杉は葉の付き方が通常の杉と異なっており、大小の葉が交互に出ていて綾のように見えるので「綾杉」と呼ばれているという。樹齢は、約千八百年。尊氏の軍勢が笠印として付けたのは、この杉の枝かもしれない。

 浄衣を着た老翁が将軍の御鎧の袖にじかに杉の葉を挿し奉ったので、白い御刀をたまわった。その後、お尋ねになったところ、神人らはまったく知らないと言うので、「神の御加護で化人を遣わされたのか」と、いよいよ頼もしく思し召された。それを聞いて、軍勢どもはますます勇み立った。

 



戻る

次へ

インデックスへ戻る