梅松論35

− 多々良浜の合戦・その1 −


多々良浜古戦場の碑  こうして香椎宮をお過ぎになって赤坂というところで遠望されると、多々良浜といって五十町の干潟があった。

 南のはずれには、小川が一筋流れていた。筥崎(はこざき)の八幡宮には、四方一里の松原があり、南は博多、東は二三里向こうに山があった。北は海が唐(もろこし)まで続いていた。かの松浦さよ姫がひれ伏して悲しんだことも思いやられて哀れであった。

 御陣は赤坂と松原の間で、砂が玉を敷いたかのような場所であった。

 写真は、多々良浜古戦場の碑(福岡市東区多の津)。多々良川の河口近くのこの場所で、肥前の少弐頼尚や筑前の宗像大宮司の支援を受けた足利勢と、肥後の菊池武敏が率いる九州勢が戦った。

 敵は小川を越えて、松原をうしろに当てて北に向いていた。その勢、六万騎あまりであった。

 味方の先陣は、高越後守師泰、および、京都から再び供奉して来た人々、大友、島津、千葉大隅守、宇都宮弾正少弼が、三百騎あまりで大手に控えた。東の先は、太宰府少弐頼尚の五百騎あまりが、皆、馬から下りて守っていた。

 御勢は、合わせて千騎にも達しなかった。

 頼尚は、黄威(きおどし)の腹巻に同じ毛の褄取った袖を付けて着ていた。これは、先祖の武藤小次郎資頼が、文治五年の恩賞に頼朝からたまわった当家重代の鎧である。

 その鎧を着て、兜の緒を締め、小長刀を抜き、黒斑の馬に乗って、たった一騎で両大将の御前に参上すると、

「敵は大勢ですが、皆、味方として参上するはずの者どもです。菊池は三百騎にも達しません。頼尚が御前で命を捨てて戦えば、敵は風の前の塵も同然です。急いで御旗をお進めください。」と、言った。まことに頼もしく見えた。

 その日の将軍(足利尊氏)のいでたちは、筑後入道妙恵(少弐貞経)が頼尚を遣わして進上した赤地の錦の御直垂に、唐綾威(からあやおどし)の御鎧を着ていた。御剣は二本であった。そのうちの一つは、御重代の骨食(こつじき)である。重籐の御弓に上矢を挿されていた。御馬は黒粕毛であった。これは、宗像の大宮司がきのう進上したものである。

 この日は、御重代の御鎧の御小袖というものを勢田の大宮司に着させていた。

 およそ、当家の戦場でのいでたちには、いろいろと秘説があった。

 昔、将軍頼義が貞任を征伐した時、自ら手をくだいて十二年にわたって暗夜や雪の中で戦った。その際、駆け合わせる時に必ず誤りがあるようなので、清原の武則(たけのり)のはからいで、七印といって七つの印を将軍に付け奉った。それらは皆、武具に付けてあるが、他人には容易にはわからない。この日は七つ全部は揃っていなかったが、佳例に従って少々御意にかけられたと聞いている。

 将軍(尊氏)が、仰せになった。

「遼遠の地まで下向することになったのは本意ではないが、進退は軍(いくさ)の法である。ひさしぶりに敵に会って、最後の合戦が未練なものとなれば、当家累代の武略を失い、また、当国に弓箭の疵を残すことになろう。策がある。我ら(尊氏と直義)が一緒に向かって合戦が難儀に及べば、残った者は頼りを失ってしまう。たとえ一騎でも尊氏がこの陣を守れば、先陣はそれに力を得て戦うであろう。もしもここで合戦が無ければ、馬廻りの武者どもを引き連れて、入れ替わって退治してくれよう。まずは、頭の殿(足利左馬頭直義)が向かわれよ。」

 この御意を聞いて、「他の者の及ばないところ」と人々は讃え、「去年箱根を通り越して足柄へ向かわれて勝利したのも将軍の武略によるものだった」と、御旗を進められた。

 



戻る

次へ

インデックスへ戻る