梅松論36

− 多々良浜の合戦・その2 −


 頭の殿(直義)は、将軍と同じく妙恵が進上した赤地の錦の御直垂に、紫皮威(むらさきがわおどし)の御鎧、御剣は篠作り、それに弓箭を持たれていた。

 関東から供奉して来た者どもは皆、歩行(かち)であったが、我劣らじと進んだ。

 中でも、曾我上野介師資(もろすけ)は練貫(ねりぬき)の小袖の上に菱の縫目から切り捨てた赤糸鎧を着て、四尺あまりの太刀を二振りはいて、大きな白木の弓を持ち、拾い矢を二三十挿したものを負い、兜の緒を締めて御馬の先に立った。そのありさまは、際立っていた。

 御旗の下には、仁木右馬介義長が黄威の鎧を着て控えていた。これは、宗像の大宮司が下御所(直義)に進上したものをたまわったものである。時に当たっての面目と思われた。

 栗毛の馬に乗って大手に向かって進んで行くと、少弐の勢の向かいの東の先陣から、まず、二三万騎もいるかと見える敵の軍勢が、太刀を抜き連れて鬨の声をあげ、崩れ落ちるかのように馳せ向かって来た。如何なる鬼神も支えきれないと思われた。

 しかし、味方は少しも騒がず、まず歩徒(かち)の武者が矢を射かけ、敵がしばらく躊躇するところに、ただちに駆け入った。

 ちょうどその時、北風が塵や砂を吹き上げたので、敵は戸惑って立ち止まった。それを見て大手の軍勢も馳せ向かい、もみ合いながら、これを限りと戦った。

 そうしたところ、曾我上野介が敵を討って首を取り、月毛の大馬に乗って頭の殿(直義)の御前に参上し、分捕りを見参に入れた。頭の殿(直義)は斜めならずお喜びになり、師資は良馬をいただいた。「敵が千騎万騎であっても馳せ向かってくれよう」と再び敵勢に駆け入った様子は、実に一人当千と見えた。

 仁木義長はまっさきに駆け入り、身命を捨てて戦ったので、敵を多数斬り落とし鎧も馬も血に染まっていた。

 味方は勝ちに乗り、筥崎の松原を追い討ちしながら過ぎて、博多の州浜まで追い詰めた。

 敵の国の軍勢どもは戻りもせずに散りぢりになったが、そこに、菊池武敏が引き返して来て、今日を限りと攻め戦い、味方は難儀に見えた。松原の内外と東のはずれから二手に分かれて退いて来るのを見て、下御所(直義)は少しも騒がず、「御旗を、よく差せ」と仰せになると、後陣の将軍の元へ御使者を遣わされた。

「直義はここで防ぎ戦って、御命の代わりとなりましょう。その隙に、長門周防にでも押し渡って御身を全うし、御本意を達してください。」

 使者に御直垂の右の袖を解いて持たせ、将軍に進上したので、それを見た人々はみな涙を流した。

 これを見て、勇士はいよいよ思い切った様子であった。

 

 



戻る

次へ

インデックスへ戻る