梅松論37

− 多々良浜の合戦・その3 −


 そうしたところ、三百騎ほどの敵が、古びた錦の旗をさし、しずしずと松原の北の端を出て、小川を渡り始めた。そこに、千葉大隅守が旗を差し、川を渡らせまいとたった一騎で討って入った。

 防ごうと敵が控えているところに将軍が御旗を差させ、いったん退いた勢どもを引き連れて先頭に立ち、鬨を作って後方から喚き叫んで攻め懸かった。

 頼尚が、「今こそ大将軍がお向かいになります」と言ったところ、頭殿(直義)は御太刀を抜き、馬を進めようとした。それを見た兵どもも、義長、師資をはじめとして我先にと攻めかかった。

 川を隔てて時が経つうち、少弐の宗徒の家人、餐庭(あいば)弾正左衛門尉が、赤皮の肩白の鎧に月毛の馬に乗って少弐に、「ここは討死すべきところですから、先に立ちます」と言うと、川を渡り始めた。それを見て、餐庭の子の黒皮の鎧を着て黒い馬に乗った者も続いて渡り、敵の中に駆け入ってさんざんに戦った。

 それを見て、「あれを討たすな」と、味方も大勢続いて攻め戦ったので、菊池は敗れて落ちて行った。

 餐庭父子は数か所手傷を負ったが、命には別条なかった。御上洛の後、「天下安危の合戦の折に餐庭弾正左衛門尉が忠節を尽くした」と、下御所(直義)から御刀を下されたのは面目であった。

 こうして酉の刻に敵を破ったので、やがて頭殿(直義)は少弐を召し連れて残った敵を攻め、その夜の亥の刻ごろ(午後10時頃)宰府にお着きになった。まず、妙恵の館が灰燼となっているのを御覧になり、はなはだしく御愁嘆された。

 今日の合戦に勝ったのは、まったく将軍の御武略から出たことだったので、いよいよ頼もしく見たてまつった。

 (尊氏の)御陣は箱崎の寺であったが、当社の祠官らがしきりに賞賛し奉った。御奉幣については、合戦の触穢のため軽くしようと、御行水されたあと廻廊の前で八幡宮を拝し奉られた。吉良殿の進上した四目結びの白い御剣を宝前にお納めになった。

 写真左は、筥崎八幡宮の楼門。写真右は、「敵國降伏」の扁額。この扁額は、元寇の際に亀山上皇が奉納した御宸筆を写したもので、楼門に掲げられている。

 宰府に領地を寄進しようと、御文章の参考のために社家の古文書を召し出された中に、昔、鎮西八郎為朝の寄付の文書があったのを御覧になり、「当家の祖神」とまことに有り難く思し召して、御社頭に向かって合掌され、御敬神浅からず見えた。足利氏の先祖の足利義兼は実は源為朝の子を足利義康が養ったもの、との記述が「難太平記」、「今川記」に見える。南北朝時代、源為朝を足利氏の先祖とする説があったらしい。

 やがて夜が明けたので、三月三日、少弐の一族の武藤豊前次郎を御使者として、下御所(直義)から将軍(尊氏)に、「きのうの合戦に勝ったのは、人の力によるものではありません。本当に神の御加護があったと思われ、目出度いことです。」と、申し上げた。

 同日酉の刻ごろ(午後6時頃)、宰府の原山に登ったところ、「降参の人々が多数馳せ参じました。当所に光臨を待ち奉っておりますが、まずお知らせします」と、頼尚が取り次ぎ申し上げた。

 筥崎と宰府の間は五里という。正午頃、将軍が原山の寺にお着きになり、両御所が御対面された。一昨日降参した者どもに御門を守護させたのは目出度いことであった。

 御退治については将軍の思し召しのとおりであったが、速やかに誅罰できたのはひとえに太宰少弐頼尚の忠によるものである。当所で筑後入道妙恵の最後の振舞いや、妙恵の子供、一族、家人らが命を捨てた次第を御心静かに尋ね聞こしめされて御愁嘆された。亡魂も、さぞやかたじけなくその様子を見たことであろう。

 親類どもは言うに及ばず、諸将にいたるまで、「この君のために命を捨てるのは、露ほども惜しくはない」と、皆、涙を流した。

 下御所(直義)は、「妙恵の忌中なので、しばらく騒ぎを慎むように」と、人が大きな声を出すのもかたく戒められて御落涙されるのみであった。

 上意の趣きを頼尚がうけたまわり、さまざまな献餉(けんしょう)を持参させ、「君のために命を奉る者は、昔から、三浦介義明、狩野介義光、佐奈田与一義貞以下、多数おります。亡父妙恵一人ではありません。不憫の御意は、面目これに過ぎるものはございませんが、菊池武敏の御誅伐を急がれるべきです。」と言うと、自ら魚鳥を捧げ奉り、御酌までしたため、是非に及ばずその夜は御酒宴となった。その後、人々にも御対面になった。

 その後、ただちに、一色禅門と仁木右馬助の二人を大将とし、九州の松浦党を先手として肥後の菊池へ発向した。菊池の城でさんざんに合戦し、半月のうちに攻め落とされたので、九州には残る賊徒もいなくなった。

 



戻る

次へ

インデックスへ戻る