梅松論38

− 上洛の評定 −


 やがて、御船に乗り遅れた者どもが次々と参着して京都のことを申し上げたので、「昔、陸奥守義家や秀衡が飛脚を使って洛中のことを聞いた時も、このような様子だったのだろうか」と、仰せになった。

 帰洛については、二つの案があった。一つは、諸国の味方が力を落とさないうちに急いで上洛する案。もう一つは、兵糧のために秋まで待つ案。

 御沙汰が未だ定まらず、宰府で三月三日から四月三日まで御座されていた頃、播磨から赤松が馳せ来たり、

「新田金吾(左近衛中将義貞。金吾は近衛官の唐名)を大将として、大軍がこちらの城に向かって陣を取っています。円心(赤松則村)の一族や京都から九州へ参上した者どもが馳せ籠もっているので今のところ城中は無事ですが、兵糧の用意が無いので君の御帰洛が延引すればこらえきれません。御進発をお急ぎください。」と、申し上げた。

 また、備前国三石の大将、尾張親衛も同様に、「新田、脇屋(新田義貞と弟の脇屋義助)が大将として攻めて来たが、兵糧の用意が無い」と、赤松と同じことを言って来た。

 そのため、九国には一色入道、仁木右馬助、松浦党、ならびに国人らをとどめ、建武三年(1336)四月三日、太宰府を発って御進発された。太宰少弐と九国の者どもが博多の津からともづなを解いて、両将は長門の府中にしばらく御逗留されたあと、そこから船を出された。

 御船は、元暦の昔、九郎大夫判官義経が壇の浦の戦いの時に乗った当国串崎(くしがさき)の船十二艘の船頭の子孫の船である。義経が平家追討の後、「この船においては、日本国中の津泊において公役を課してはいけない」と自筆の御下文をくだされ、今もそれを所有している。このたび、その船を御座船としたのは、その嘉例にかなうものである。これは、長門守護の厚東(厚東武実)の沙汰によるものであった。

 五月五日の夕刻、ようやく備後の鞆(とも)にお着きになった。この港に御逗留のあいだ、「御帰洛を急がれるように」と諸国の味方が口々に申し上げ、合戦についてさまざまな評定がなされた。

 一案として、両将は御船に乗り、四国と九州の大将、国人らは陸地を通って発向する案。

 また一案として、両将とも陸地を通って発向する案。

 また一案として、両将も皆も御船で御進発する案。

 大きな問題なのでどの案を取るか決まらなかったが、そこに太宰少弐頼尚が進み出て申し上げた。

「両将が御船で御進発するとは、愚意の及ばないところです。天下の是非は、このたびの合戦によって決まることでしょう。敵はすでに播磨と備前の両城を囲んだとの知らせが入っております。これらを退治して、大半を追い落とさねばなりません。船戦(ふないくさ)ばかりでは、とてもこれを追い落とすことはできません。さいわい両将がおわすのですから、将軍(尊氏)は御船、頭殿(直義)は陸地を御発向されるべきです。

頼尚は陸地の先陣をうけたまわり、亡父妙恵の遺言のとおり、百日間の追善合戦をして仏事といたしましょう。頼尚の生前の望みは、ただこのことばかりです。」

 このようにしきりに言ったので御承引されて、将軍は御船、下御所は陸地を御発向されることに決まった。ただちに、その準備に取りかかった。

 御船には、執事の師直と、関東と京都から供奉して来た宿老や両国の者を乗せて御発向されることになった。

 下御所(直義)の御手には、高越後守師泰と、関東、京都から供奉して来た壮士たち、ならびに、少弐、大友、長門、周防、安芸、備前、備中の御家人たちが属したてまつった。

 去年の春、二月に御下向の時、国の大小に応じて馬、鞍、物の具、弓矢、楯、兵糧、米の用意をいたすようにと守護人らに厳命されていたので、皆、その準備をしていた。これは、遠方から供奉して来た者どもに配分できるようにとの御計らいであった。



戻る

次へ

インデックスへ戻る