梅松論39

− 奇瑞 −


 五月十日、備後の鞆(とも)を出立。船はともづなを解き、陸は轡(くつわ)を鳴らして、船路と陸地を同じ日に御発向された。

 先陣は、太宰少弐頼尚の二千騎あまりであった。

 しばらくの間、海と陸とで互いに見交わすことができたが、少弐頼尚は、旗の横上(流れ旗の上に、旗の幅で付けた横木)に綾桧笠(あやひがさ。桧の薄板を網代に編んで作った笠)を付けていた。これは、御眷属御霊(ごけんぞくごりょう。一門の霊)が影向(えいこう。神仏が現れること)されて蝉口(旗の竿先の、旗布を上下するための滑車のある部分)におわすので、昔からこれを付けるのがこの家の庭訓(ていきん)とされていたためである。

 御船が五十町余り進んだところで見渡したところ、御紋(足利家の紋)の幕を引いた船を先頭にして、多数の船が漕ぎ向かって来た。

 「楠が味方のふりをして向かって来た」などと言って少々騒ぎになったが、そうではなく、四国の細川の人々、土岐伯耆六郎、伊予の河野の一族などの国人たちの勢五千騎あまりを乗せた五百艘あまりの船であった。

 五月十五日、備前国児島にお着きになった。

二引両 ここは佐々木の一族の所領だったので、加地筑前守が渚の近くに仮御所を造り、御風呂などで御休息をとられた。

 その夜、満月に黒雲が二筋かかり、数刻の間見えていたので、軍勢は皆合掌して拝し奉った。これは、おおいなる奇瑞であった。

(足利家の紋(二引両)は、丸に二本の横線を引いたもの(左図)。ここでは、満月にかかる二筋の雲が、足利家の二引両の紋のように見えたことを奇瑞と言っている。)

 およそこのたび九州におわした間、諸社の不思議や味方の吉兆は、すべてを記すことができないほど多かった。

 ことに有り難かったのは、太宰府におわした時、博多の櫛田の宮が住吉社の下女に託して、「我がこのたび両将を都まで守護し、安穏に送ろう。ただし、合戦せよ。白旗一流、鎧、御剣、弓、征矢(そや)、上矢の鏑を差し添えて奉るべし」との御託宣があったことであった。

 すべてを調進したところ、御使者の見ている前で、神託の女が弓を張り、上矢の鎬をつがえて言った。

「我を疑う者が多い。証(あかし)として、このたび武将が天下を取るならば、この矢は一つもはずれぬであろう。」

 そして、その女がぬるでの細枝を三度射たところ、一つもはずれなかった。とうてい賎女(しずのめ)の為せる業(わざ)ではなかった。

 このほか、合戦のたびごとに天神の使者と御霊が光を輝かしたもうたのには、安堵したものであった。

 また、武将(尊氏)の御下向の時、霊夢にしたがって白葦毛の老馬を舷(ふなばた)に立て、御座船に添えられた。

 また、上から諸軍勢にいたるまで、兜の正面に南無三宝観世音菩薩と書き付けて、毎月十八日に観音懺法(かんのんせんぽう)を読ませられた。御下向の最中は三百艘あまりの船から僧を召されたので、乏しからぬ人数であった。御帰洛の時も、言うまでもなくそのような勤行があった。



戻る

次へ

インデックスへ戻る