梅松論40

− 福山・三石の合戦 −


 五月十七日、下御所(足利直義)の御陣は備中の河原と備前の児島の間、三里にあったが、その下御所から使者が来た。

「こちらには、備中、備後、安芸、周防、長門の大将、守護人、国人ら、ならびに、きのう、美作国から三浦介(高継)が馳せ参じました。太宰少弐と大友も供奉しておりますので、軍勢は数知れないものとなっています。御船には四国の勇士らが参着したとうけたまわり、目出度く存じます。ただ、播磨の赤松と備前の三石(みついし)の城が合戦の最中で、新田江田某(江田行義)が大将として馳せ下り、最近、備中の福山に立て籠もったので、今夕軍勢を送り、明日の払暁に追い落として火の手を上げるつもりです。その城と御陣の児島は近いので、御用心のために急ぎお伝えしておきます。」

延元元年古戦場福山城址 土塁跡

 写真左は、福山城址(岡山県山手村)の「延元元年古戦場福山城址」の碑。中世にはここに福山寺という山岳仏教の寺院があった。足利直義が九州から陸路上洛する途中、延元元年(1336)五月十六日から攻撃を開始し、翌十七日の総攻撃によって落城した。
 写真右は、「福山城土塁跡」。土塁の基部の配石遺構が残っている。写真の右側が城内。写真では見えないが、土塁跡の左手には、足利直義が攻め寄せた朝原峠に続く道が延びている。

 そうしたところ、翌日の十八日、観音懺法(かんのんせんぽう)を行い、それが終わってここの名物の楊梅(やまもも)を取りに上の山に登っている時に、下部(しもべ)が走って来て、「すでに味方の大軍が福山を攻め落とし、乗り込んで火を放ったので、敵は皆落居しました」と、申し上げた。ちょうど観音懺法が終わった時に知らせが入ったので、「仏神の御加護」と、頼もしく思し召した。

 また、陸地の軍勢が備前国に攻め込み、三石の城の寄せ手の脇屋(義助)も落ちて行ったとの知らせが入り、下御所(直義)からそれを祝う飛脚が来た。

 やがて、児島から御船を出された。海と陸の御陣は日夜合図の火を揚げられていたので、山を隔てながら互いの位置をお知りになることができた。

 そうしたところ、備前三石の寄せ手の軍勢が囲みを解いて京に戻ったので、新田義貞も赤松の城の囲みを解いて没落した。そこで、陸地の大軍は、播磨の掛川に陣を取った。御船は、田室の泊まりにお着きになった。

 翌日、赤松入道(円心。赤松則村)が御船に参上して言った。

「このたび円心(則村)の城に立て籠もった軍勢の着倒と、敵が没落した時に攻め口に捨てられていた旗、百流あまりを持参しました。」

 ひとつひとつ御覧になってみると、家々の紋が歴然とわかった。それを見て武将(尊氏)は、

「元々の敵については是非に及ばぬが、味方に戦功のある者も少々いるようである。一旦の害を逃れるために義貞に属したのであろうが、心中を思うと不憫である。これらも、結局は味方として参上するであろう。」と、仰せになった。

 お喜びになっている様子だったので、まことにかたじけない御意と思われた。

 この旗の数を記し、「後日、沙汰があろう。」と言って、赤松に預けられた。



戻る

次へ

インデックスへ戻る