梅松論41

− 播磨灘 −


 この室の津と兵庫の間の海は播磨灘といって、御下向の時と同様、よい順風が吹かないと無理に押し渡ることはできない難所だったので、そこで日和をお待ちになっていた。すでに陸地の軍勢はお進みになっていたのに御船は御逗留されたままで、諸軍勢が嘆いていたが、五月二十三日戌の刻、雨まじりの西風が少し吹いた。

 将軍はお喜びになり、「この風は天が与えたものだろうか。早くともづなを解け」と、仰せになった。

 ある者が、「海上のことはよくわからないので、意見を申し上げることができません。大船の船頭を召されて、お尋ねになったほうがよいでしょう」と申し上げたので、御座船の串崎の船頭、千葉大隅守の船、をきはしの船頭、大友・少弐・長門・周防の船の船頭、合わせて十四人が御前に呼ばれた。

 おのおの、「この風は順風ですが、月の出汐に吹き変わって向い風になりそうです。船を出されると、途中で難儀なことになるかもしれません。」と、申し上げた。

 そこに、上杉伊豆守(重能)の乗船で、名を「今度丸」という船の、長門安武郡椿の浦の船頭孫七が、かしこまって申し上げた。

「これは御大慶の順風と思われます。なぜなら、雨は、風が吹き始めてから降って来ました。月が出れば雨は止むでしょう。少し強い風となりますが、追い風が吹くでしょう。」

 このように、一人で申し上げた。御本意だったので御感に預かり、御恵みがあって左衛門尉になされた。

 将軍は、「元暦の昔、九郎判官義経は、『大風ですが、順風なのでお渡りください』と渡辺から言われ、雨のやむのもお待ちにならずに御座船を出されたものだ」と、仰せになった。

 「危険であることを多くの船頭が申し上げているのに聞こしめされず、一人の申すことを御許容されるのはいかがなことか」と内々に言う者もあったが、進む道なので意見はしなかった。

 こうして御船を出されたが、船数は大小五千艘あまりだったのに、その夜、御供として出た船は三千艘より少なかった。月の出汐を待って、室から五十町東の杓子浦に御船を止めた。思ったとおり雨が止み、月と共に御座船は進んだ。

 風が強かったが順風だったので、みな帆を揚げて走り、やがて夜明けになった。近くに陸の見えない海上で、浪は屏風を立てたかのように高かったので心細かったが、御座船を初めとして多くの船は、二十四日の暮れ頃、播磨の大蔵谷の港で碇(いかり)を下ろした。本船として先に立って走った四国船も、淡路の瀬戸、須磨明石の港に泊まった。

 夜になると、全船の舳艫(じくろ)で燃やす篝火が、まさに浪を焼くかのようであった。

 陸地の軍勢は一ノ谷を前にして、むかし土肥次郎実平が陣取った塩屋のあたりから、後陣は大蔵谷猪名見野のあたりまで陣を取り、篝火を焚いた。



戻る

次へ

インデックスへ戻る