梅松論42

− 湊川の合戦・その1 −


 海と陸の両陣を見渡すことができたので、明日五月二十五日の兵庫の合戦のことについて、御相談の御使いが夜中にたびたび往復した。

錦の御旗 この陣で、合戦の手分けがあった。

 大手の大将は下御所(足利直義)。副大将は越後守師泰(高師泰)。それに従うのは大友、三浦介(高継)、赤松、および、播磨、美作、備前三か国の軍勢である。

 山の手は尾張守殿(斯波高経)を大将軍として、安芸、周防、長門の守護厚東(武実)とその軍勢ども。

 浜の手は太宰少弐頼尚が、一族の分国筑前、豊前、肥前、山鹿、麻生、薩摩の者どもを従えて向かうことになった。

 時は五月の短夜(みじかよ)、早い夜明けを待ちかねて、「人に先を越されまい」と、我も我もと独り言していたのは猛くも哀れであった。

 二十五日卯の刻(午前6時頃)、追い風だったので、細川の人々が四国の船五百艘を本船として昨日と同様に帆を揚げ、敵の布陣した湊河と兵庫の島を左に見ながら船を走らせた。これは、敵の背後をふさぐためである。

 将軍(尊氏)の御座船は、日輪と「天照大神、八幡大菩薩」の文字を金で付けた錦の御旗が日に輝いてきらめくのを浦風にひるがえし、御船を出された。

 挿し絵は、細川家に伝わる錦の御旗(錦旗)。後小松天皇(在位 1392-1428)から細川頼持が拝領したものと伝えられているが、永和四年(1378)の南朝軍蜂起の際に後光厳院から細川氏に下賜されたものではないかという説もある。参考文献:「京都・激動の中世 −帝と将軍と町衆と−」(京都文化博物館発行、1996年)
 細川家伝来の錦旗には、金でつくった日輪と「天照皇太神・八幡大菩薩」の金文字が貼ってあり、梅松論の記述に符合している。尊氏が光厳院から下賜された錦旗も、これと同様のデザインだったと思われる。

 いつものように太鼓を鳴らされ、同時に数千艘の船が帆を上げて、淡路の瀬戸五十町をところ狭しと軋り合い、海も見えないほどに漕ぎ並べた。

 陸地の軍勢も同時に打ち立って、辰の終わり(午前9時頃)に一ノ谷を越えるところで兵庫島を見渡すと、敵は湊河の向こうの山から里のあたりまで、旗をなびかせ楯を並べて布陣していた。これは、楠大夫判官正成の軍勢ということであった。

湊川陣の碑 和田岬方面蓮池方面 播磨海道の須磨口にも大軍が布陣していた。浜の手は、和田の岬の小松原の手前に、中黒(新田氏の紋)の旗をさした軍勢が一万騎あまりいるようであった。崖に三段に布陣しており、先手は五百騎ほどと見え、次に二千騎あまり、その次は松原のあたりに控えていた。

 写真左は、会下山公園の「大楠公湊川陣之遺跡」の碑。この山に楠木正成が陣を取った。碑の向こう(南方)には新田義貞が布陣した和田岬が見渡せ(写真中)、また、山の西側からは、楠木正成と足利直義が会戦した蓮池方面が見渡せる(写真右)。

 やがて巳の刻(午前10時頃)に、味方の三手の軍勢が、山の手、須磨口、浜手から馳せ向かった。

 向かったのは同時であったが、浜の手の少弐の軍勢は勇猛だったためか、旗下二千騎あまりで先に進んだ。特に、一町ほど先に五百騎あまりが立ち、さらにその先に五十騎あまりが進んでおり、その中の武者二騎が十丈ほど先に立っていた。

 一騎は黒い馬に薄紅の母衣(ほろ)を懸けていた。鎧の色は、はっきりとは見えなかった。もう一騎は、河原毛の馬に黄威(きおどし)の鎧を着ていた。二騎とも少弐の親類であった。母衣を懸けていたのは武藤豊前治郎、黄威の鎧は同対馬小次郎。共に若年の者であった。

 陸と船の間は一町ほど離れていたので、船からは桟敷の前で見物しているかのようであった。



戻る

次へ

インデックスへ戻る