梅松論43

− 湊川の合戦・その2 −


 御座船の軍鼓の乱声が聞こえたので、海上では鬨の声を上げ、それを受けて陸地の大軍も鬨を三度作り、上矢の鏑が響きわたって地も震えた。

 これを見て、敵の先陣は一矢も射ずに退いた。先頭の一騎が馬の足を踏み直して次の陣に攻め懸かるのを見て、「これを射させまい」と、あとに続く大軍もそれに続いた。こうして、和田の岬の敵陣を破った。兵庫の端の在家から煙があがったので、大道も堪えきれず、山の手も同様であった。

生田神社 処女塚  やがて、四国の勢が兵庫の敵を落とさないようにと生田の森のあたりから上ったところ、義貞が兵庫の合戦に負けて三千騎ほどで退くのに行きあった。

 写真左は、生田神社。当時この付近に生田の森が広がっており、この付近で新田勢と足利勢との合戦が行われた。
 写真右は、処女塚古墳(神戸市東灘区)。太平記によれば、徒立ちで戦っていた新田義貞がここで足利勢に取り籠められそうになり、危機に陥ったが、この合戦の前に義貞に命を助けられた小山田高家が、自分の馬を義貞に譲って義貞を逃し、自分がその場に残って討死したという。処女塚(おとめづか)は、二人の男から求婚されて自ら命を絶った菟原処女(うないおとめ)の墓という伝説があり、古くは万葉集の歌にも詠まれている。

 敵は馬に乗っていたため、船の味方どもは為すすべもなく、船から降りられないでいた。そこに、細川の人々、従弟兄弟、中でも卿公定禅、弟帯刀先生(細川直俊)、古山、杉田、宇佐美、大庭を先手として我も我もと進まれ、船から馬を追い下ろして乗り、まず八騎で大軍の中に入って戦った。

 敵が大勢だったので馬を海に乗り入れて元の船に戻ったが、そこに讃岐の国人の新野見小太夫という者が、「大将の御命に替わりましょう」と言うと、馬を踏み放って汀(みぎわ)に一人残って戦った。定禅はそれを御覧になって、再び十六騎で駆け上がって戦われた。それを見て残りの者どもも船から上がったので、義貞は敗れて都を目指して落ちて行った。

 湊川に楠正成が残って大手の合戦の最中であるという知らせが入ったので、定禅は義貞には目を向けず、下御所(直義)の御勢に馳せ加わって攻め戦った。

 やがて申の終わり(午後4時過ぎ)に、正成、ならびに、弟七郎左衛門(正季)以下、五十人余りが一か所で自害し、三百人余りが討死した。

湊川神社 楠木正成戦没地 楠木正成墓碑
湊川神社
 楠木正成の戦没地に創建された。
「楠木正成公戦没地」
 湊川神社の本殿裏にある。
「楠木正成墓碑」
 徳川光圀が元禄五年(1692)に建立。

 浜の手以下、兵庫湊川で討死した首の数は七百人余りという。これほどの合戦だったので、味方にも討死や手負いが多かった。



戻る

次へ

インデックスへ戻る