梅松論45

− 比叡山の攻防 −


 翌五月二十六日、兵庫を発って西宮に御陣を取られた。

 (尊氏が)湊川で正成を討ち、大軍で都に攻め上るという知らせが入ったので、二十七日、(後醍醐院は)去る正月の夕(ゆうべ)と同じように再び山門(比叡山延暦寺)に臨幸された。

 先ず、仁木兵部大輔頼章と今川駿河守頼貞が丹後・但馬両国の軍勢を従え、おのおの錦の御旗を先頭に立てて数千騎で洛中に討ち入った。将軍(尊氏)は、八幡山の上に御座された。

 下御所(直義)が五月晦日に御入京されたところ、この春九州に御下向の時に宮方についた者どもが多数降参して来た。このたび供奉して来た忠功の者が列座していたので、その顔色は喜びと憂いとに分かれた。

 やがて、山上を攻められることになり、六月五日、細川の人々を先陣として西坂本で合戦を始め、皆、徒歩(かち)立ちになって雲母坂(きららざか)に攻め寄せた。この時、千種殿(千種忠顕)が討死した。

 写真は、「雲母坂 千種忠顕卿遺跡」の碑(京都市左京区修学院)。雲母坂(きららざか)は比叡山の登り口のひとつで、現在の修学院離宮の脇を通って比叡山に登る道である。

 敵は大嶽(おおたけ)の上に陣を取り、味方は山の中の繁みを越えて守りについた。下御所(直義)が大将で、御陣は赤山の社(赤山禅院)の前である。

赤山禅院 写真左は、赤山禅院(赤山大明神)。比叡山の麓の、雲母坂(きららざか)の近くにある。赤山禅院は、仁和四年(888)天台座主の安彗が、師の慈覚大師円仁の遺命によって創建した寺院である。本尊の赤山明神は、慈覚大師が中国の赤山の泰山府君を勧請したもので、天台の守護神といわれる。この地は京都の東北表鬼門に当たり、本殿の屋根の上には鬼門除けの猿の像が置かれている(写真右)。

 山上を、三手に分かれてお攻めになった。今路越えは三井寺法師旬中。大手の雲母坂(きららざか)は、細川の人々、四国勢、ならびに総軍勢。横川通り篠岸は、太宰少弐頼尚と九州の者どもが発向した。

 毎日合戦が続いたが、味方に利があるように見えると三井寺法師が松明を用意した。これは、山門(比叡山延暦寺)に放火するためと思われた。あさましいことである。

 やがて、六月二十日、今道越えで合戦に敗れたのがきっかけで、三手の味方が一斉に坂の下に追い落とされた。この時、高豊前守(師久。高師直の末弟)以下数十人が山上で討死した。

 こうなっては赤山(赤山禅院)に御陣をおいても無益であると、軍勢は急いで洛中に引き退いた。

東寺・食堂 大将の下御所(直義)は三条坊門の御所に御座され、将軍(尊氏)は東寺を城郭に構えて皇居とし、警固申し上げた。

 この春は両将の軍勢は足場を定めておらず、河原にお控えになっていたため軍勢の心が揃っていなかった。しかしこのたびは、たとえ合戦が御難儀に及んだとしても誰が東寺を捨て奉ろうかと思われた。

 写真は、東寺の食堂(じきどう)。東寺に陣を取った際、尊氏はここに居住したと伝えられている。創建年代は未詳だが、896年、理源大師聖宝が高さ6mの千手観音像と四天王像を造立してここに安置した。昭和五年(1930)に火災で焼失し、現在の建物は昭和九年に再建されたもの。火災で焼損した千手観音像も復元されて、宝物館に安置されている。

 この時、軍勢が洛中に充満したので、軍兵の狼藉を防ぐことができなかった。

 



戻る

次へ

インデックスへ戻る