梅松論46

− 洛中の攻防 −


 そうしたところ、「山(比叡山)の軍勢が洛中に攻め寄せて来る」と言って空騒ぎがはなはだしかったので、軍勢を分けて、まず細川の人々が四国の勢を引き連れて内野に陣を取った。法成寺河原には師直(高師直)を大将として陣を取り、大軍を従えて待ち受けた。

 そこに、六月晦日の払暁、義貞を大将とする大軍が、内野の細川の人々の陣に攻め寄せた。身命を捨てて戦ったが敗れ、洛中に退くと、敵は二手に分かれて大宮猪熊を下り、あちこちに火を懸けた。同じ時、法成寺河原の師直の陣でも合戦があり、こちらは味方が勝利した。

 その頃、大将の下御所(直義)が三条河原に乗り出して御覧になると、敵は既に東寺近くの八条坊門まで乱れ入り、煙が上がっているのが見えた。「将軍の御座がおぼつかない」と、御発向を促す者が多かった。

 写真は、東寺(教王護国寺)の東大門。建久九年(1198)、文覚上人の大勧進によって再建されたもの。
 案内板によると、この日の合戦で危機に陥った尊氏は、この門を閉めて危うく難を逃れた。この故事から不開門(あかずのもん)とも呼ばれており、その合戦の時から開けていないという。太平記によれば、この時、東寺までたどり着いた新田義貞が、尊氏を挑発して一騎打ちの勝負を挑み、尊氏もそれを受けて門外に出ようとしたが、周囲の者に必死に制止されて諦めたという。

 この時、太宰少弐頼尚は、綾の小路大宮の長者(東寺長者)達遠(たっとお)の宿所に陣を取っていた。

 頼尚の軍勢は、三条河原に馳せ集まった。将軍(尊氏)の命を受けてどこでなりとも戦うようあらかじめ約束してあったので、三条河原に二千騎あまりがうち立った。

 その時、頼尚が、

「東寺には勇士がたくさんいるので、たとえ敵が堀や鹿垣(ししがき)に取り付いてもどれほどのことがあろうか。御合力のためであっても、御馬の鼻を東寺に向ければ、北に向かう師直の河原の合戦が難儀なことになろう。今日は、御馬を一歩も動かしてはいけない。まず、頼尚が東寺へ参ろう。」と言って、三条を西へ向かった。

 その頃、敵は、大宮の新田義貞と猪熊の伯耆守長年(名和長年)の二手に分かれて八条坊門まで攻め下って来たので、仁木兵部大輔頼章、上杉伊豆守重能以下が東寺の小門を開いて討って出て、攻め戦った。そうしたところ、敵はひと支えも支えられずに元の道を二手に分かれて引きあげて行った。

 そこに、細川の人々と頼尚が洛中の条里を駆け抜けながら戦ったので、伯耆守長年は三条猪熊において、豊前国の住人、草野左近将監(秀永)のために討ち取られた。

 写真は、「名和長年公遺蹟」(京都市中京区大宮通中立売上ル)。名和長年の討死地に比定されている場所で、小さな公園になっている。

 義貞には細川卿公定禅が目をつけてたびたび近付き、義貞も危うくみえたが、一人当千の勇士どもが次々と間に入り、命に替わって討死したため、二三百騎に討ちなされて長坂を通って退いたという。

 南からは畿内の敵が作道から寄せて来たが、越後守師泰(高師泰)が即座に追い散らして大勢を討ち取った。

 宇治からは法性寺のあたりまで攻め入ったが、内野の軍勢に加わっていた細川源蔵人頼春を召して大将とし、菅谷のあたりまで合戦させて討ち散らした。

 竹田は、今川駿河守頼貞を大将として、丹後、但馬の軍勢が馳せ向かって追い落とした。

 六月晦日の数か所での合戦は、未の刻(午後2時頃)以前にことごとくうち勝ったが、これは仏神の御加護と思われ、目出度いことであった。

 翌日七月一日、三条河原で首実検があった。討ち取った首は、数千騎あまりであったという。

 この時不思議だったのは、山王権現(日吉明神)がたくさんの人の夢に現れ、憤怒の勢いで、「山上で合戦が敗れれば、我が山の仏法は亡びることになろう。まず戦場を他の場所に移すべし。雌雄は天の定めるところである。」と、仰せになったことである。それに従って味方が山上から退いたところ、六月の晦日の合戦で味方が勝利したのは有り難いことであった。

 



戻る

次へ

インデックスへ戻る