梅松論47

− 阿弥陀が峰の落居 −


 そうしたところ、「南の敵どもが宇治八幡のあたりまで満ちみちており、押し寄せて来る」と、京都で連日うわさされた。

 そのような状態であったが七月も過ぎ、八月二十日頃に、敵を追い払おうと、細川の人々を大将として河野対馬入道とその一族が二千騎あまりで宇治に向かった。

阿弥陀ヶ峰 敵は負けて退き、木幡稲荷山を捨てて今比叡の上の阿弥陀が峰に陣取った。その篝火を見て、高大和守(師貞)が歌を詠んだ。

 多くとも四十八にはよも過ぎじ阿弥陀が峰にともす篝火

 優雅なことであった。

 阿弥陀ヶ峰(京都市東山区)の中腹から山頂方向を望む。阿弥陀ヶ峰は、後に豊臣秀吉の廟所(豊国廟)が造営された山である。写真手前の広場は「太閤平」と呼ばれ豊国廟の社殿のあった場所だが、豊臣氏の滅亡後荒廃して現在は何も残っていない。このあとの梅松論の記述からは、宮方が立て籠もった城郭はこの太閤平付近にあり、そこを細川直俊の軍勢が山の上から奇襲したものと推測される。阿弥陀ヶ峰の山頂には、明治三十年(1897)の秀吉三百年忌に際して建てられた巨大な五輪石塔がある。

 八月二十三日の夜明けから、加茂糺河原で終日合戦があった。大将の師直は、身命を捨てて戦ったため二か所に傷をこうむった。しかし、味方の勇士が今日を限りと攻め戦ったので、義貞は負けて落ちて行き、山の勢が多数討たれた。

 それでも敵は阿弥陀が峰を占拠し続けていたので、同二十四日の夜、東寺において合戦の評定がおこなわれた。

 ある人が、「みな徒歩立ちになり、楯をかざして堀、鹿垣を引き破って攻め落とそう」と言うと、細川帯刀先生(細川直俊)が、

「阿弥陀が峰に立て籠もっている敵はたいした者ではなく、畿内近国の山人(やまびと)である。城に籠もって戦うのは、彼らの好むところである。我らの親類や四国の勢を引き連れて、まず淀、竹田に向かい、敵を川へ追い落としてから木幡山に馳せ上り、稲荷山を経て峰伝いに敵の前後から馬で攻め立てよう。敵は城の後ろを守っていないので、思いのままに追い散らせるだろう。敗軍の輩は必ず苦集滅路(くずめじ)、白川を通って粟田口に赴くに違いない。下御所は七条河原のあたりに軍勢を置いていただきたい。」と、言った。

 「それがよい」ということになって、細川の人々は阿弥陀が峰には目もくれず、川原を下って南へ向かった。

 淀や竹田に充満していた敵どもは、竹田縄手の小所に堀切を設け、竹を切って鹿垣を結い、櫓をあげ城戸を立てて待ち受けた。

 そこに大軍で攻めかかったところ、味方の中から三騎の武者が二町ほど先に立ち、先を争って攻めかかった。櫓に近付くと、黒馬に乗った者が先頭に立って馬をさっと止め、抜いていた太刀を鞘にさすと両手を広げ、「櫓の下の城戸の格子を下ろさせまい」と城戸に取り付き、馬に乗ったまま兜の錣(しころ)を傾けた。

 敵は格子を下ろそうとして取り付いて争ったが、続いて馳せ寄せた二騎の武者がそれを蹴散らし、三騎で城戸の中に駆け入った。

 そのあとに大軍も続き、ただちに竹田の要害を打ち破って敵を一人も残らず淀川に追い込んだ。一昨日二十三日の夕方から翌日二十四日まで大雨で増水していたため、川に入った者は一人も助からなかった。

 この時の先駆けで、黒馬に乗っていたのは細川帯刀先生(直俊)である。城戸に取り付いた時、内冑(うちかぶと)に傷をこうむり、馬も数か所切られたが、無事に東寺に戻った。

 また、二騎のうちの一騎は帯刀先生(細川直俊)の家人の古山平三である。敵の大将でその時は還俗していた鑑賢法師に押し並び、組んで落ちて生け捕りにした。もう一騎は伊勢国の住人長野工藤三郎左衛門尉であった。いずれも身命を捨てて忠節を尽くしたので、御感再三に及んだ。

 そのまま細川殿の勢は木幡山の上に上がり、稲荷山を経て阿弥陀が峰の敵の後ろに近付いたので、大手の七条河原の軍勢も攻め寄せた。先陣は、太宰少弐頼尚であった。

 城の中の敵どもが驚き騒ぐところにただちに味方が山の手から駆け入ったので、敵はひとささえもできずに没落した。ここで敗れて討ち洩らされた者は苦集滅(くづめ)、白川を上って退いたが、残り少ない勢であったという。



戻る

次へ

インデックスへ戻る