梅松論48

− 和睦 −


 同八月二十八日、山の勢は、最後の合戦をしようと君の御旗を申し下して引き裂き、それを笠印に付けて夜中に攻め寄せて来た。

 そこで、また師直を大将として大軍が一手になり、今日を限りと攻め戦った。

 去る二十三四日の戦いに勝ったので諸軍勢は勇み立って勝ち続け、その日のうちに洛中の合戦は終わった。しかし、山上の敵は退散しなかった。

 そこで、九月中旬に小笠原信濃守貞宗が甲斐信濃両国の一族軍勢を率いて三千騎あまりで東山道から近江へ出て、瀬田の近くまで進んだ。山徒に橋を引かれたので野路に陣を取ったところ、新田(義貞)、脇屋(義助)を大将として湖水を渡って来て合戦となった。さんざんに合戦した末に貞宗がうち勝ったが、まずは引き退いて、要害の地である鏡山に陣を取った。

 敵は即座にふたたび攻め寄せて来たが、また戦って追い散らし、大勢を討ち取った。そして、伊吹山の中に馳せ籠もって、事の次第を京都に注進した。

 「山徒にしても軍勢にしても、近江の国の力で東坂本の敵兵がこれまで居座っているからには、軍勢を遣わして近江国を打ち取り、東坂本への兵糧の通路をふさぐべきであろう」という御沙汰の最中に小笠原が合戦に及んだので、これに合力して近江をうち従えるために、佐々木佐渡大夫判官道誉が仰せをこうむって、九月の末に京を出た。

 丹波路から若狭の小浜に出て案内したので、北近江から国中に乱れ入り、小笠原信濃守と一手になって国をうち取った。

 そのため山徒の軍勢は力を落とし、建武三年(1336)十一月二十二日の夜、君は御和睦と称して都へ還幸された。御迎えのために、武家の者どもが加茂河原のあたりに参上した。

金ヶ崎城址 金ヶ崎城址月見御殿 同夜、義貞は内々に勅をこうむり、春宮(とうぐう。恒良親王)と一宮(尊良親王)を奉じて北陸道を関東に向けて落ちて行った。この時、義貞重代の薄金(うすがね)という赤威(あかおどし)の鎧を山王(日吉神社)に奉った。これは、今でも社頭にあるとうけたまわっている。

 その道すがら、哀れなことが多かった。荒茅(あらち)の中山で大雪に遭い、軍勢どもは寒さのために死んでいった。しかし、義貞は無事に越前の国に下着され、敦賀の金が崎という無双の要害に立て籠もった。

 写真左は、敦賀湾から望む金ヶ崎城址。突端の最高部は「月見御殿」と呼ばれ、ここが本丸跡といわれている。写真右は、月見御殿跡の削平地。

 そこで、当国の守護尾張守(斯波高経)と高越後守(高師泰)、仁木、細川の人々が発向した。



戻る

次へ

インデックスへ戻る