梅松論50

− 夢窓国師の尊氏評 −


 ある時、夢窓国師が、談義のついでに両将の御徳をいろいろ誉め讃えたことがあった。

 まず、将軍のことは、

 国王、大臣など、人の首領として生まれるのは過去の善根の力であるから一世のことではない。ことに将軍は、君を補佐し、国の乱を治める職であるから軽いことではない。

 異朝のことは伝え聞くばかりだが、わが朝の田村、利仁、頼光、保昌は異賊の退治はしたものの、威勢は全国には及ばなかった。治承よりこのかた、右幕下頼朝卿が、征夷大将軍の職と武家の政務に自ら専念したが、賞罰に私心をはさまなかったとはいえ、罰が厳しかったので仁の欠けるところがあった。

尊氏邸跡 今の征夷大将軍尊氏は、仁徳を兼ね備えているうえに、さらに大いなる徳がある。

 第一に、御心が強く、合戦の際に身命を捨てたまうべきところにたびたび臨んだが、笑みを含んで畏怖の色が無い。

 第二に、慈悲天性にして、人を憎まれることがない。怨敵を、まるで我が子のように許される。

 第三に、御心、広大にして、ものを惜しむことがない。金銀土石をも同じように思し召して、武具御馬などを人々に下される時は、財と人とを見比べられることもなく、御手に取ったままに下される。八月朔日などに諸人の進物が数知れず集まったが、すべて人に下されたので、夕方になると何も無くなっていたと聞いたことがある。

 写真は、「足利尊氏邸・等持寺跡」の碑(中京区御池通高倉上る)。足利尊氏はこの地で政務をとり、延文三年(1358)にここで死んだ。後にこの邸宅は等持寺という寺院に改められたが、応仁・文明の大乱以降は衰退し、別院の等持院に合併された。

この三つを兼ね備えた、まことに末代までなかなか現れそうにない将軍である。

と、談義のたびごとに仰せになった。

 



戻る

次へ

インデックスへ戻る