梅松論51

− 尊氏と直義 −


 聖徳太子が四十九院を作り置いて天下に斎日を禁戒し、聖武天皇が東大寺、国分寺を建て、淡海公(藤原不比等)が興福寺を建立されたのは上古のことであり、皆、応化の所変である。

 今の両将も、只人(ただびと)と言うわけにはいかない。ことに仏法に帰依し、夢窓国師を開山として天龍寺を造立し、一切経の書写の御願を発し、自ら描いて自讚、御判された。また、大飲酒の後でも、一座して数刻の修養鍛錬をされた。

 写真は、天龍寺(京都市右京区)。足利尊氏・直義兄弟が後醍醐天皇の菩提を弔うために建立した寺で、正式名は霊亀山天龍資聖禅寺。暦応二年(延元四年、1339)に建立が許可され、康応二年(興国四年、1343)に仏殿・山門・法堂などが完成した。室町時代には京都五山の第一位であった。寺がある場所は、嵯峨天皇の皇后、橘嘉智子が承和年間(834-848)に営んだ檀林寺の跡地で、のち後嵯峨法皇が亀山殿を造営し、その後、亀山上皇や後宇多上皇が住み、後醍醐天皇が相続していた場所である。

 三条殿(直義)は六十六か国に寺を一宇ずつ建立して、おのおの安国寺と名付け、同じく塔婆一基を造立して所願を寄せられた。御身の振舞いは廉直にして、実直で偽る様子がない。

 そのため将軍(尊氏)が御政道のことを御譲りになったが、再三辞退におよんだ。しかし、上御所(尊氏)が御懇望されたので了承された。その後は、政務については将軍はまったく口を出さなかった。

御所八幡宮 写真は、御所八幡宮(中京区御池通高倉)。足利直義がこの地に邸宅(三条坊門高倉殿)を構えていたが、直義の死後、尊氏が邸宅を取り払い、八幡宮を造営して足利氏の鎮守とした。等持院御所八幡宮、高倉八幡宮、三条坊門八幡宮などとも呼ばれた。

 ある時、御対面のついでに将軍(尊氏)が三条殿(直義)に仰せになった。

「国を治める職にいるからには、つねに御身を重くして、かりそめにも遊興にふけることなく、いたずらに暇を費やしてはいけない。花紅葉(はなもみじ)の見物はかまわないが、時宜をみてするように。『御身を重く持たれるように』というのは、こちらは軽く振舞って、諸侍になつかれて、朝家をも守護し奉ろうと思うからである。」

 (夢窓国師は)この言葉は凡俗の思慮の及ばないところと感じ入った。

 夢窓国師を両将が御信仰になられたのは、細川陸奥守顕氏が元弘以前に義兵を上げようとして北国を経て阿波に赴いた時、甲斐の国の恵林寺において国師に対面し、ただちに受衣(じゅえ)して、その後、両将を引導(いんどう)申されてからである。真俗ともに勧め申されたので、君臣万年の栄華をお開きになった。目出度く有り難いことである。

 ある時、両御所が御会合されて、師直と評定衆をたくさん集め、御沙汰規式を少々定められたことがあった。

 その時、将軍が仰せになった。

「昔のことを聞くに、頼朝卿は二十年の間伊豆の国において辛労して義兵の企てをめぐらせていた時、平家が悪行無道で万民がはなはだ嘆いていたのを避けるため、治承四年(1180)に義兵を発して元暦元年(1184)に朝敵を平らげた。その間の合戦は、五年間であった。

 その政道を伝え聞くに、御賞罰分明であった。しかし、罰がやや厳しかった。そのため氏族の輩以下に疑心を残したので、さしたる混乱はなかったが誅罰が頻りに行われて不憫なことであった。

高師直邸跡 当代は人の嘆き無しに天下が治まることが本意なので、このたびは怨敵をもよく宥めて本領を安堵させ、功を尽くす者には特に莫大な恩賞を宛てがうべきである。これを念頭において、面々補佐するように。」

 これを聞いて下御所(直義)は特にお喜びになり、また、師直(高師直)や評定衆も各々将軍の御言葉に感じ入って、涙を拭わない者はなかった。

 写真は、高師直邸跡付近(堀川通今出川西入る)。写真中央の石柱には、「西陣 舟橋」と刻まれている。この地は古くから舟橋と呼ばれ、昔、堀川が氾濫した時、ここに舟を繋いで橋を懸けたことから起こった名前と言われている。『京町鑑(きょうまちかがみ)』によれば、この地に高師直の邸宅があり、泉殿の下に舟橋を浮かべて結構を尽くしたという。

 唐(から)の尭虞舜は異朝のことなので比べられないが、末代にあってこのような将軍の治世に生まれ合わせて、国に軒を並べ、楽しみ栄えたのは目出度いことであった。

 



戻る

次へ

インデックスへ戻る