永享記1

− 鎌倉公方の系譜 − 



 仁王五十六代の帝、清和天皇第六皇子貞純親王、初めて源氏の姓をたまわる。

 その子経基は六孫王と号し、その子は多田新発意満仲という。

 その三男河内守頼信。その一男伊予守入道頼義。その一男八幡太郎義家。

 義家の一男対馬守義親、二男河内判官義忠、三男式部大輔義国、四男六条判官為義。
(為義は義親の子だが、父の死後、祖父義家の養子になったと言われている。)

 為義の嫡子下野左馬頭義朝。この三男が右大将頼朝である。

 頼朝の御代、寿永・元暦の頃、源平両家の闘諍があった。平家追討の院宣をこうむって、御弟の範頼・義経を大将軍として諸国の源氏を催し、数万騎の軍兵を引率して所々で合戦した。

 中でも摂州一ノ谷、雀の松原、深草の森、屋島、水島、壇の浦での合戦は激しく、あるいは海上で日を暮らし、船中で夜を明かし、あるいは鎧の袖を敷き、兜の鉢を枕として、治承の秋の初めから元暦の春まで、ここかしこで合戦して、片時も安堵することがなかった。

 しかし、屋島・壇の浦において、祖父清盛公との血縁のために帝は海に沈まれ、一門の卿相雲客もみな滅びたまい、三種の神器も海底に沈み、他の公達も、あるいは入水し、あるいは討死し、平家の一門はことごとく滅亡した。

 陰謀野心のやからをことごとく誅罰せしめ、日本が一つに治まった後、諸国の総追捕使となって征夷大将軍と号す。その御子二人、頼家と実朝が続いて、三代将軍と号す。

 また、式部大輔義国は、康和年中、常陸国佐竹冠者追討の大将軍として下野国足利太郎基綱の館に下着されて、基綱の息女を最愛し、その御腹に子が二人できたまう。

 嫡子大炊助義重、法名上西。これは、新田殿の先祖である。

 二男足利判官義康。

 その一男義長は十九で早世、二男義清は矢田判官と号す。三男義兼は赤御堂殿と号す。身の長け九尺二寸、母は熱田大宮司藤原秀範二女である。法名□□(鑁阿寺義彌)と号す。駿河守殿という。

 その一男義純は岩松殿、二男義助は桃井殿、三男左馬頭義氏、法名は法楽寺と号す。

 その一男長氏、これは今川・吉良の元祖である。二男泰氏は平岩殿、法名証阿、知光寺と号す。

 その一男家氏、これは斯波殿の先祖。二男義顕、これは渋川殿の元祖。三男治部大輔頼氏、法名義仁、玄祥寺と号す。

 その子家持(「家時」の誤り)は伊予守、報国寺と号す。

 その子讃岐守貞氏は浄妙寺と号す。

 その一男左馬助高義は延福寺殿と号す。二男高氏は治部大輔、後の征夷大将軍尊氏公がこれである。等持院殿と号す。また、長寿寺と号す。法名仁山妙義大禅門。その弟、直義は三条錦の小路殿、法名恵源、大林寺と号す。

 尊氏の御子は四人。嫡子佐竹殿は元弘三年の乱の時、伊豆の走湯山密厳院頼中御坊にて自害。次男直冬は筑紫左兵衛佐と号す。今もその子孫九州にあり。三男は義詮、宰相中将、宝篋寺殿と号す。これは京都公方の先祖である。四男基氏、鎌倉殿、関東公方の先祖である。法名道新、瑞泉寺殿と号す。

 その御子氏満、法名道仙、永安寺殿。

 その御子満兼、勝光院殿と号す。

 その御子持氏、長春院殿。

 その御子、正四位下左兵衛督成氏公の御時に至って、初めて鎌倉を去って下総国下河辺庄古河の城に移りたまう。

 その由来をたずねれば、永享八年丙辰(1436)、信濃国の住人小笠原大膳大夫と村上中務大輔と確執のことがあって合戦に及ぶ。村上は御加勢を要請しようと家の子の布施伊豆守を鎌倉に送った。明窓和尚がこれを取り次がれたので、御加勢を遣わすことになった。




次へ 次へ  

永享記インデックスへ