永享記2

− 公方と管領の不和・その1 − 



 そこで村上の加勢として、桃井左衛門督を大将として、上州一揆、武州一揆、那波上総介、高山修理亮らが既に打ち立とうとした。

 そこに、鎌倉の管領、上杉安房守憲実が、諌言申し上げた。

「信州は関東の御分国です。小笠原はその守護で、京都の御家人です。それを御退治されることは、京都への御不義でございましょう。」

 このようにしきりに申し上げたので、この加勢は遣わされないことになった。

 同九年(1437)四月、上杉陸奥守憲直(詫間上杉)を大将として、武州本一揆に出発するよう仰せ付けられた。ところが、どのような野心の者が言い出したのか、これは信濃への加勢ではなく管領を誅罰するための軍勢だという風聞が流れたため、憲実の被官、旧功恩顧の者が諸国から馳せ集まった。天下の一大事と、肝を冷やさない者はいなかった。

 同六月六日から、鎌倉中が騒然となり、上下男女が逃げ惑って資財道具を持ち運んだ。

 そこで、公方が七日の暮れ方に憲実の宿所においでになり、いろいろ仰せになったため、騒ぎは少々おさまった。

 しかし、管領父子は鎌倉にいては危ないと思い、同月十五日に藤沢へ移られた。そこでもなお不安があるので、七歳の嫡子をひそかに上州に落とされた。

 憲実が、これは直兼(一色直兼)や憲直(上杉憲直)らがいろいろ讒言したために故なく御勘気をこうむったもので、身に覚えのないことだということを何度も申し上げたので、讒言が真実か否かをただして、同二十七日、一色宮内大輔直兼らを三浦へ追い下された。

 また、「管領家で、大石石見守憲重(武蔵目代)と長尾左衛門尉景仲(白井長尾。憲実の執事)がいろいろ讒説をかまえている」と公方が仰せになったため、景仲と憲重は山内殿(憲実)の御前に参上して、「我々が鎌倉にいることが御屋形のために良くないのでしたら、国元に帰ります」としきりに申し上げた。しかし、たとえ両人が下国しても状況が変わるとは思えなかったので、両人はそのまま鎌倉にとどまった。

 同八月十三日、公方持氏が憲実の館においでになっていろいろとおなだめになり、管領職と政務を元のままに仰せ付けられた。憲実は再三辞退したが、強いて仰せ付けられた。しかし、武州の代官職は仰せ付けられず、万事苦々しいままその年は暮れた。


前へ
永享記インデックスへ
次へ