永享記3

− 公方と管領の不和・その2 − 


 明くる永享十年(1438)六月、公方(持氏)の若君吉王丸が御元服されることになり、善美を尽くして御祝儀の用意を行った。

 管領が、「代々、御元服の際は、京都に御使者を出して諱(いみな)の一字をいただいております。先例の通り、御字をお申し受けください。御元服が間近で御使者を出すのが難儀なら、幸い馬なども用意しておりますので、それがしか、弟の上杉三郎重方が京に上ります」と、申された。

 これについては御承引されず、御祝儀のために国々から指名して御勢を召し寄せられた。直兼(一色)や憲直(詫間上杉)も許されて鎌倉に戻った。

(写真は、足利持氏血書願文(複製。部分)。永享六年(1434)、足利持氏が自らの血を朱に混ぜて書いたもので、「呪詛の怨敵を未兆に攘(はら)い、関東の重任を億年に荷う」ことを願う願文。持氏は将軍足利義教と対立しており、この願文は持氏の反幕府の執念を表したものといわれている。)

 何者が言い出したのか、御祝儀の際、憲実が出仕したら殿中で誅せられるという噂がたったため、憲実は病と偽って出仕をやめ、弟の重方が代わりに出仕された。管領はこのようなことになって、いよいよ君を恨み奉ることになった。

 公方はこれを聞こし召し、房州(上杉安房守憲実)の無実を信じている、予を恨むことは短慮の至りである、それなら、若君の義久公を憲実の宿所に置いてもよい、このうえは遺恨を残してはいけない、と仰せ下されたので、管領は御礼申し上げ、諸人も喜んだ。

 ところが、そうしたところに、若宮の社務の尊仲がひそかに参上して、憲実のことをいろいろ讒言申し上げた。公方はそれを信用され、憲実の館に若君を移すのは取り止めになった。それによって、管領はいよいよ公方をお恨み申し上げることになった。まことに君臣不快の始まりで、嘆いても余りあることであった。

 同八月十二日、長尾尾張入道芳伝(忠政。総社長尾)が御前近く参上し、ともかく憲実をおなだめくださって世上を平穏にしてくださるようお願い申し上げたが、御了承は無かった。

 放生会のあと、十六日に、武州一揆を初めとする奉公外様の軍勢が山の内に押し寄せるという噂を聞いて、憲実はおおいに驚き、「身に誤りが無いのに軍勢を向けられ、敵として討たれるのは不忠の至り、末代までの瑕瑾。このうえは、御糺明がある前に自害して、御憤りを散じ、忠義を残すしかない」と、肌脱ぎになって刀を抜かれた。それを見て御近習が数十人走り寄り、腰物を奪い奉って、前後左右から警護した。

 そこに長尾新四郎実景と大石源三郎重仲が進み出て、

「埒のあかない長詮議をしていては、討手を向けられ御命を落とすことになるのは決まったようなものです。御分国に御下向されて、罪科の無いことを繰り返し訴えてごらんになってください。相州河村の館に下るのが良いと存じます。そうされずに御自害されたら、我らは、きっと雑人らの手にかかって浅ましい死を遂げることになるでしょう。同じ死ぬなら、御馬廻りと駆け合わせて、晴れがましく討死いたします。おのおの大蔵辺へ討って出て、殿中に屍をさらします」と、血眼になって申し上げた。

 憲実はつくづくとそれを聞かれて、

「各々がそのようでは、それがしが自害したとて、憲実は末代まで悪名を逃れることはできなくなってしまう。それでは、今夜鎌倉から落ちよう。しかし、河村は分国伊豆の境界である。河村で申し開きがかなわず伊豆へ下向することになれば、上様の御悪名を京都に申し立てようとしていると思われるかもしれない。上州へ下向しよう。その用意をいたせ」と、仰せになった。

 同名修理大夫持朝(扇谷上杉)、同名庁鼻性順(庁鼻上杉憲信)、長井三郎入道、小山小四郎、那須太郎以下、一味同心の大名を伴い、八月十四日の戌の刻に山の内殿を出たところ、光まばゆい日輪が一つ出現して憲実の馬の上にかかったので、諸人はおおいに驚いた。

 「きっとこれは氏神の春日大明神が行く末をお守りくださる御霊光に違いない。御運を開かれることは疑いない」と、人々は喜んだ。


前へ
永享記インデックスへ
次へ