永享記4

− 三浦介の逆心 − 



 さて、武州一揆は上雷坂に馳せ集まって陣を取り、憲実を待ち受けていた。管領の勢はそれを聞き、「何ほどのことがあろうか。蹴散らしてくれよう」と、おのおの兜の緒を締め、旗の手を下した。

 憲実はそれを厳しく制止して、「それはいけない。それがしが下向するのは、罪が無いことを申し開きするためである。御勢に向かって弓を引いてはいけない。向こうから切ってかかって来たら、強く働かずに防戦せよ。こちらから討ってかかってはいけない」と、下知した。そこで、とりあえず陣を取って、怒りを抑えて対陣した。

 一揆の勢は管領の勢が多いのを見てかなわないと思ったのか、その夜、上雷坂の陣を引き払って散りじりになった。こうして道が開けて、憲実は上州にお下りになった。

 鎌倉では宗徒の兵が集まって、憲実の下向に対する対策を評定した。「貴い僧たちを御使者として遣わし、下向した理由を御尋ねになるのがよい」と、義を知る者もおり、また、「召し帰してなだめるべきだ」と言う者も多かった。

 しかし結局、これが良い機会だからと追い討ちすることになり、その夜、一色直兼と同名刑部少輔時家を大将として御旗をたまわり、十五日の夜半に二百騎ばかりが途中で軍勢を催しながら上州へ下向した。

 公方持氏は、同十六日の未の刻に、武州高安寺へ御動座された。

 御留守の警固は先例に従って三浦介時高に仰せ付けられた。時高は近年所領が少なく、軍兵もなかったので、「不肖の身として、どうにも受けられません」と辞退申し上げたが、厳しく申し付けられたため、ひとまず仰せに従うことにした。

 時高は、「先祖三浦大介が右大将家に忠功があってからこのかた、代々功を重ねて他の誰よりも引き立てていただいてきた。しかし、御当代になってからは出世も人より遅れて面目を失い、無念なことだ」と、内心思っていた。

 ちょうどその頃、持氏公がひそかに勅命に背かれ、京公方(将軍)から三浦の元に御内書が届いていたため、この時、突然逆意を起こして留守役を放棄し、鎌倉を退去して自分の領地に帰ってしまった。

 十月三日、三浦介は鎌倉を立ち退き、その知らせが早馬で公方(持氏)の元に届いたので、公方はおおいに驚かれた。誰を討手に遣わそうかと仰せになっていたところ、同十七日、三浦介が二階堂の一族と共に鎌倉に押し寄せ、大蔵、犬懸などに夜討ちをかけて、数千軒の在家に火をかけた。

 鎌倉中の僧俗が上を下へと逃げ惑い、公方が鎌倉を離れた間に情況が一変してしまい、目も当てられないありさまであった。

 


前へ
永享記インデックスへ
次へ