永享記5

− 箱根早川尻の合戦 − 

 このたび京都と鎌倉が不和になったそもそもの始まりは、持氏が関東の禁中の御料や京方の所帯を御支配しようとされたことであった。憲実がお諌め申し上げたところ、忠言耳に逆らい、かえって憲実を亡ぼそうとされた。何事も思いのままにされようと思し召していることが京都に伝わって、京ではおおいに怒りたまい、ただちに奏聞があって綸旨を賜り、御旗を下されて、日をおかず追討すべき由の御教書を出された。

綸言をこうむるにいわく。従三位源朝臣持氏、累年朝憲を忽緒し、近日ほしいままに兵を興す。ただに忠節を関東に失うに非ず。あまつさえ是鄙の輩を上国に致す。天誅のがるべからず。帝命何ぞまた容れん。早く虎豹の武臣を当課し、豺狼の賊徒を払わしむべし。てえれば綸言かくの如し。この旨をもって洩れ申し入らしめ給うべし。よって執達くだんの如し。

永享十年八月二十九日      左少弁資任奉
  謹言  三条少将殿

(本文では御教書とされていますが、実際は後花園天皇の綸旨です。読み下しは、今谷明著『戦国大名と天皇』(講談社学術文庫)に依りました。)

 御幡には、かたじけなくも帝のお詠みになった歌をあそばされた。

 振海中(チハヤフルヤヘタツ)雲の幡の手に東の塵を払ふ秋風

 こうして、同九月十日に京都からの討手の大軍が、足柄と箱根の二手に分かれて押し寄せた。

 箱根へは、伊豆の守護代の寺尾四郎左衛門尉を案内者として、横地、勝間田の軍勢が山を越えようとさしかかった。大森伊豆守と箱根の別当はこれを聞いて、水呑のあたりの難所に陣を取り、楯を並べて待ち受けた。

 箱根山というのは西側は険阻で谷が深く切れ込み、岸は高くそびえ立ち、敵を見下ろして自分の方は敵からは見えない場所である。虎狼のような軍兵がそこを守り、かわるがわる射手を進めて戦ったので、敵がたとえ何万騎あっても近付きがたく見えた。

 しかし、寄せ手は大軍で防ぐ兵は少数だったので、寄せ手は、「いつまでこの山を持ちこたえられようか」と、攻める前から既に手にしたような気になって、五百騎が全員馬から下り、袖をかざして矢を防ぎながら、太刀・長刀の切先を揃えて、一気に攻め登ろうとした。

 そこに、大森の兵と箱根の衆徒が石弓を一度に放った。数万の軍勢はこれにまくり落とされ、深い谷底に人雪崩をうって落ち重なった。敵に討たれて死ぬ者は少なかったが、自分の太刀や長刀に貫かれて死ぬ者が数知れなかった。

 大森伊豆守は、勝ちに乗じて短兵急に撫で切りにしようと、揉みに揉んで攻めたてた。石の上は滑りやすく、茂みに道を塞がれて、退くに退けず、防ぎ戦おうとした者もみな討たれてしまった。横地は討死し、寺尾兄弟は三人とも深手を負って散りじりに落ちて行った。

 合戦の後、四五か月の間は、血が野草にこびりつき、道端は死屍累々たるありさまであった。

 大手の合戦は味方が勝利したが、搦手の軍勢が足柄山を越えて相州西郡まで押し寄せたという知らせが来たため、上杉陸奥守(憲直)を大将として、二階堂一党、宍戸備前守、海老名上野介が安房国の軍兵とともに西の郡の敵に馳せ向かった。

 これらの人々が、九月二十七日、相州早川尻に押し寄せ、閧の声を合わせて、矢を一筋射交わす暇もなく大軍の中に駆け入った。魚鱗鶴翼の陣、旌旗雷戟の光、須臾に変化して万方に当たり、野草を紅に染め、汗馬の蹄は血を蹴たて、川の水は血に染まり、士卒の屍がたちまち流れをせき止めた。

 そのようなありさまでこれを限りと激しく戦ったが、続く味方も無く、敵は目に余るほどの大軍だったので、憲直が頼りにしていた肥田勘解由左衛門、蒲田弥次郎、足立、荻窪を初めとする一族・若党もことごとく討死し、憲直と海老名は結局戦いに敗れて、散りじりになって落ちて行った。

 


前へ
永享記インデックスへ
次へ